デスクワークを超絶快適にするおすすめギアたち詳しく見る

Power Automate for desktopで「無効な値」が表示された。

この記事でわかること!

  • ブラウザを起動する系のアクションで「無効な値」や「構文エラー」が表示されたときに確認してほしいことと、その対処方法。
目次

ブラウザを起動するアクションで初期URLを入力すると「無効な値」と表示される。

「初期URL構文エラーです。」について

Power Automate for desktopについて

▲ブラウザを起動するアクション(下記の4つのアクション)を使う時、設定項目である初期URLにターゲットとなるWebページのURLを入力したところ「無効な値」という注意メッセージが赤字で表示されることがあります。

ブラウザを起動させる系のアクション

  • 新しいMicrosoft Edgeを起動する」アクション
  • 新しいChromeを起動する」アクション
  • 新しいFirefoxを起動する」アクション
  • 新しいInternet Explorerを起動する」アクション
Power Automate for desktop 無効な値

▲この「無効な値」が表示された状態のまま「保存」ボタンを押して設定画面を閉じても上の図のように「パラメータ’初期URL’: 構文エラーです。」というエラーが発生してしまいフローを実行することができません。

じょじお

この「無効な値」について原因と解決策について紹介したいと思います。

「無効な値」の原因は?

初期URLに%(パーセント記号)が含まれていませんか?

「無効な値」と表示される原因としてよくみるのは、初期URLに入力したURLに、PADで使用できない「%(パーセント記号)」が含まれているという原因です。

%記号は、Power Automate for desktopでは変数を表すときに使用する特殊な文字列です。このため%をそのまま設定値に入力することができないのです。

%は下記のように変数を表すときに使う特殊な記号です!
例:%NewVar%

そしてインターネットのURLには%が含まれることが非常に多いです。「無効な値」という注意メッセージが表示されたら、まずURLに%が含まれていないかを確認してみてください。

URLに%が含まれていないか確認しよう!
×:https://www.contoso.com/search?q=Power%20Automate%20for%20desktop
〇:https://www.contoso.com/

「無効な値」の対策は?

%を使うときは%でエスケープしよう!

では、%記号をPADの設定値や変数の値として使用することはできないのかというとそうではありません。%の記号の前にもうひとつ%を置くことで、%を文字列として使用することができます。

×:https://www.contoso.com/search?q=Power%20Automate%20for%20desktop

〇:https://www.contoso.com/search?q=Power%%20Automate%%20for%%20desktop

Power Automate for desktop 無効な値

このようにプログラミングにおいて、意味のある特殊記号を文字列として使うことを「エスケープする」といいます!

「%」を「%%」に簡単に変換する方法

じょじお

「%」を「%%」に変換するとき、1つ1つ入力するとミスや入力漏れの原因になります。

ぽこがみさま

テキストエディタなどを使って一括変換することをお勧めします!

メモ帳を使って「%」を「%%」に変換する方法

STEP
メモ帳を起動します。
Power Automate for desktop 無効な値

Windowsキー+Rキーで「ファイル名を指定して実行」を起動します。「notepad」と入力してOKボタンをクリックします。

Power Automate for desktop 無効な値 メモ帳

▲メモ帳が起動します。

STEP
置換ウィンドウを開き、「%」を「%%」に置換します。
Power Automate for desktop 無効な値

▲メモ帳に対象の文字列(今回はURL)を入力します。文字列を入力したら上部メニューの「編集」をクリックし「置換」をクリックします。(Ctrl+HでもOK)

Power Automate for desktop 無効な値

置換ウィンドウが表示されるので下記のように入力します。

  1. 検索する文字列:%
  2. 置換後の文字列:%%
  3. すべて置換」ボタンをクリックします。
STEP
置換後文字列をPower Automate for desktopに張り付けます。
Power Automate for desktop 無効な値

▲置換できたら置換ウィンドウを閉じて、置換後文字列をPADに張り付けます。

STEP
おわり

Power Automate for desktopによるブラウザ操作に関する記事

まとめ

じょじお

ブラウザ操作のときに発生しがちなエラー「無効な値」について紹介しました。

ぽこがみさま

このブログではRPA・ノーコードツール・VBA/GAS/Pythonを使った業務効率化などについて発信しています。
参考になりましたらブックマーク登録お願いします!

Power Automate学習教材

Power AutomateをKindleで学びたい方はコチラ

▲Kindleと紙媒体両方提供されています。デスクトップフロー、クラウドフロー両方の解説がある書籍です。解説の割合としてはデスクトップフロー7割・クラウドフロー3割程度の比率となっています。両者の概要をざっくり理解するのにオススメです。

Power Automate for Desktopの基本をしっかり学習するのにオススメです。この本の一番のメリットはデモWebシステム・デモ業務アプリを実際に使ってハンズオン形式で学習できる点です。本と同じシステム・アプリを使って学習できるので、本と自分の環境の違いによる「よく分からないエラー」で無駄に躓いて挫折してしまう可能性が低いです。この点でPower Automate for desktopの一冊目のテキストとしてオススメします。著者は日本屈指のRPAエンジニア集団である『ロボ研』さんです。

Power Automate クラウドフローの入門書です。日本語の解説書は数少ないのでレアかと思います。変数の解説から代表的なアクションの解説がされているので初心者におすすめの本です。

Microsoft 365/ Power Automate / Power Platform / Google Apps Script…

Power Automateを動画で学びたい方はコチラ

▲Udemyで数少ないPower Automateクラウドフローを主題にした講座です。セール時は90%OFF(1200円~2000円弱)の価格になります頻繁にセールを実施しているので絶対にセール時に購入してくださいね。満足がいかなければ返金保証制度がありますので安心してご購入いただけます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてくれたらウレシイ(·:゚д゚:·)
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる