Power Automateを動画で学ぼう!Udemyキャンペーン中

ブラウザ開けたら5秒でPython

目次

超簡単。Python実行環境を『Google colaboratory』で爆速で準備しよう。

プログラミングを学ぶことの一番のハードルとなるのが環境の準備だと思っています。プログラミング実行環境のインストールと設定、エディタの設定、初学者にとってはとても時間がかかる作業です。

しかし、PythonならGoogle colaboratory(以下:Google Colab(コラボ))で学習されることをおすすめします。5分程度の初期設定をすれば、ブラウザ上で簡単にPythonを始めることができます。

この記事ではGoogle colaboratoryの初期設定手順についてご紹介いたします。

Google colaboratoryの良いところ。

Google colaboratoryの良いところ
  • 無料
  • Python環境を超絶簡単に準備できる。
  • ブラウザ上で動くので、家でも学校でも会社でも、どこでも、同じ環境でPythonを実行できる。
  • WindowsでもMacでも、OS問わず同じ環境でPythonを実行できる。
  • Google Driveと連携できる。Drive上のファイルを操作できる。
  • 機械学習などの時間のかかる処理でもGoogleの高性能サーバ上でGPUで動作させることができる。
  • 簡単に共有できる。

Google colaboratoryの利用要件

Google colaboratoryを利用するには、Googleアカウントが必要です。個人アカウントでもワークスペース(旧Google Suites)アカウントでもOKです。

Googleアカウントをお持ちでない方はこちらから新規作成しましょう。

(手順1) Google DriveにGoogle colaboratoryをインストールする。

▼Google Driveを開きます。

Googleのホームページを開き、メニューアイコンをクリック→ドライブをクリック

Google Driveを開く

▼「新規」をクリックします。

Google Drive新規作成

▼「その他」→「アプリを追加」をクリックします。

Google Colabの追加

▼「Google Colab」で検索して表示される「Google colaboratory」アプリをクリックして、Googleドライブにインストールします。

Google Colabを追加

(画像はインストール済の状態の画像です。)

じょじお

なんと、これだけで初期設定はおわりです!!簡単ですよね。

(手順2)Google colaboratoryを使ってみる

▼さっそくPythonを書いてみましょう。

Google Driveで新規→その他→Google colaboratoryをクリックします。

Google colaboratoryの開始

▼「Untitled0.ipynb」というファイルが開きます。

Google colaboratory

図の赤い枠がコードペインです。ここにPythonコードを書いていきます。

▼下記のコードを書いてみましょう。

print("hello world.")

▼実行のショートカットキーCtrl+Enterで実行してみます。すると実行結果がコードブロックの下に表示されます。

Google colaboratory

Google colaboratoryファイルの保存場所

▼ファイルを保存してみましょう。保存のショートカットキーはCtrl+Sです。

Google colaboratory

保存に成功すると上図の赤枠のところに保存時間が表示されます。

Google colaboratoryのファイルは、「ipynb」という拡張子でGoogle Driveに保存されます。

Google colaboratoryの保存場所

次回このファイルを編集するときは、ダブルクリックして開きます。

Google colaboratoryのファイルは、Google Driveに保存される。

Google colaboratoryの使い方について学ぶ

Google colaboratoryはJupyter Notebookというソフトウェアがベースになっています。基本的な使い方はJupyter Notebookの使い方について検索すると良いかと思います。(若干の違いはあります。)

Jupyter Notebookの特徴

  • セルというブロック単位でpythonコードが実行できる。
  • Markdown記法が使える。

さいごに

以上、Google colaboratoryのはじめかたについて、ご紹介しました。

次回は、より便利に使うためにGoogle DriveをマウントしてGoogle Drive内のファイルをPythonで扱う方法をご紹介します。

デイトラの良いところ
  • SNS(インスタ・Twitter・Youtube等)のAPIを駆使したマーケ特化のモダンなシステムを作りながら学べる。
  • 機械学習の基礎を実用的なシステムを作りながら学べる。
  • 現役エンジニアがメンター。1年間Slackで質問し放題。
  • SlackやTwitterで受講生の発信が盛んなのでひとりでの学習でもモチベ維持しやすい。
  • 月に2~4回行われるオンラインセミナー(現役のマーケター・フリーランサー・デザイナー社長・エンジニア等のWeb界隈のすごい人達が講師)が無料で受講可能。
メンターさんがとても親切でガチ中のガチな初心者でも質問しやすい環境でした。

ノンプログラマーでも自動化スキルを身につける。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる