デスクワークを超絶快適にするおすすめギアたち詳しく見る

【Google colab】GoogleドライブのファイルをPythonで操作する。

ぽこがみさま

Google colaboratoryでGoogleドライブのファイルを操作してみます。

この記事でわかること!

  • Google colaboratoryでローカルPCのファイルを操作する方法がわかる。
  • Google colaboratoryでGoogleドライブのファイルを操作する方法がわかる。
目次

Google DvireのファイルをPythonで操作する。

前回の記事でGoogle colaboratory(以下Google colab)を使って爆速でPythonの実行環境を用意する方法についてご紹介しました。このGoogle colaboratoryはクラウド上で動作するため、ファイルの入出力を行う際にローカルクライアントPC内に保存されているファイルを直接扱うことができません。

ファイルを扱う方法としては2つの方法があります。

ファイルを操作する2つの方法

  • Google colaboratoryにファイルを直接アップロードする方法
  • 既存のGoogleドライブのファイルをマウントして扱う方法

Google colaboratoryに直接ファイルをアップロードする方法

じょじお

Googleに直接ファイルをアップロードしてみます。

STEP
画面左のフォルダアイコンをクリックします。
STEP
左サイドの領域の中のアップロードアイコンをクリックします。
STEP
ダイアログからアップロードするファイルを選択します。

▲ダイアログが開くのでアップロードするファイルを選択します。

STEP
ファイルがアップロードされ、ツリー上にアップロードファイルが表示されます。

Reminder, uploaded files will get deleted when this runtime is recycled.
アップロードされたファイルは、このランタイムがリサイクルされる際に削除されますのでご注意ください。

▲ファイルをアップロードするとnoticeが表示されます。アップロードしたファイルは一時的にアップロードされるだけで次回このColabファイルを開いたときには削除されています。このため次回開いたときにも外部ファイルを使用する場合は再度アップロードが必要です。

このため、何度も同じファイルを参照する場合はこの後説明するGoogleドライブを使用した方が楽です。

▲ファイルはカレントディレクトリにアップロードされます。ファイルを開いたときのデフォルトのカレントディレクトリは下記です。

デフォルトのカレントディレクトリ
/content/

STEP
Pythonでファイルを操作してみましょう。

アップロードしたファイルをコマンドラインで確認してみます。フォルダの中のファイルを確認するにはglobモジュールをインポートしてglobメソッドを使います。

import glob

files = glob.glob("*")
for file in files:
  print(file)

Google Driveのファイルをマウントする方法

じょじお

Google ドライブのファイルを操作してみましょう。

Google Driveを使用する2つの方法

Google colaboratoryでGoogleドライブのファイルを操作するには2つの方法があります。

Google colaboratoryでGoogleドライブをマウントする方法!

  • メニューからクリック操作でマウントする方法
  • コマンドでマウントする方法

クリック操作でマウントする方法

STEP
画面左のフォルダアイコンをクリックします。
STEP
「Googleドライブ」アイコンをクリックします。

Connecting to Google Drive will permit code executed in this notebook to modify files in your Google Drive until access is otherwise revoked.
(訳)Google Driveに接続すると、アクセスが取り消されるまで、このノートブックで実行されるコードがGoogle Driveのファイルを変更することを許可します。

▲「Connect to Google Drive」をクリックします。

▲画面左下に「マウント中」というメッセージが表示されます。

STEP
「リロード」アイコンをクリックします。

▲画面左のリロードアイコンをクリックします。

STEP
「drive」というフォルダ名が表示されます。

▲driveというフォルダ名でGoogleドライブがマウントされます。

STEP
「許可」をクリックします。
STEP
「drive」フォルダをクリックするとGoogleドライブのファイルが確認できます。

コマンド操作でマウントする方法

STEP
コマンドを入力します。
from google.colab import drive
drive.mount('/content/drive')
STEP
Googleの認証画面が表示されるので承認します。
STEP
マウント成功です。

マウントしたファイルを見てみる。

STEP
スクリプトを記述してファイルを一覧を表示してみます。
import glob

files = glob.glob("drive/MyDrive/*")
for file in files:
  print(file)
STEP
Googleドライブのファイルが表示できます。

関連記事

PythonでGoogleスプレッドシートに書き込む

PythonでGoogleドライブ上のExcelファイルを操作する。

Pythonを学ぶには?

デイトラPythonコースのメリット
  • SNS(インスタ・Twitter・Youtube等)のAPIを駆使したマーケ特化のモダンなシステムを作りながら学べる。
  • 機械学習の基礎を実用的なシステムを作りながら学べる。
  • 現役エンジニアがメンター。1年間Slackで質問し放題。
  • SlackやTwitterで受講生の発信が盛んなのでひとりでの学習でもモチベ維持しやすい。
  • 月に2~4回行われるオンラインセミナー(現役のマーケター・フリーランサー・デザイナー社長・エンジニア等のWeb界隈のすごい人達が講師)が無料で受講可能。
メンターさんがとても親切でガチ中のガチな初心者でも質問しやすい環境でした。

まとめ

じょじお

Google colabでファイル操作する方法についてまとめました。

ぽこがみさま

このブログではRPA・ノーコードツール・VBA/GAS/Pythonを使った業務効率化などについて発信しています。
参考になりましたらブックマーク登録お願いします!

Pythonのおすすめ書籍

Pythonおすすめ書籍

▲Python入門者向けの書籍です。デスクワークの業務効率化方面を中心に自動化するスクリプトを作成することができます。Excel・Word・PDF・デスクトップアプリ化・メールなどなど。身近な作業を自動化しながら学べるので事務員の方やエンジニアの方幅広くお勧めできます。

▲Pythonでデータ分析するのに超絶おすすめです。データ分析でよく使うPandasモジュールを中心にデータ加工から分析までの基礎を理解できます。

▲Pythonのお作法なんかが書かれています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてくれたらウレシイ(·:゚д゚:·)
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる