リモートワークで導入して良かったツール詳しく見る

Power Automate for Desktop 活用事例!

じょじお

この記事は、当サイトのPower Automate for Desktop(以下:PAD)の記事をまとめている記事です。私自身のブログネタ帳も兼ねています。

目次

Power Automate for Desktopの基本

▲インストールと使い方の基本です。

▲Power Automate for Desktopの変数とは?Power automate for desktopを扱う上で欠かすことができない変数についての解説です。

▲Power Automate for Desktopのエラーをまとめている記事です。

現在準備中の記事(基本編)

  • Power Automate for DesktopとPower Automateって違うの?(クラウドフローとデスクトップフローの違い)
  • Power Automate for Desktopで困ったときに助けを求める方法。
  • ループ処理
  • ifを使った条件分岐処理
  • 各種エラー処理
  • デバッグについて知っておいてほしいこと
  • 質問の仕方・質問する場所

文字列操作・テキスト(.txt)ファイル操作

▲文字列操作の基本。テキストファイルの読み込み・書き込み・改行をするときの基本的なアクションの使い方について解説しています。

▲文字列操作-レベル2。テキストファイルから正規表現を使ってパターン検索する方法です。文章の中から商品名、電話番号、郵便番号、などパターンを使って柔軟に検索する方法について解説しています。

現在準備中の記事(文字列操作)

  • テキストファイルや文字列から、特定の文字を置換、削除する方法
  • 空白文字の置換を使って電話番号からハイフンを削除する方法

ブラウザ自動操作(Webスクレイピング)

▲Webブラウザを自動操作して、WebシステムにユーザーIDとパスワードを入力してログインするフローを作成しながら、Webブラウザ自動操作の基本的なアクションの使い方について解説しています。

▲Webブラウザを自動操作して、Webサイトからファイルリンクをクリックしてダウンロードした後にファイルを開くフローの作成方法について解説しています。

▲Webブラウザを自動操作して、ページャー(ページネーション)に対応したWebサイト(複数ページに渡るサイト)から1ページずつ情報を抽出する方法について解説しています。

現在準備中の記事(Webスクレイピング系)

  • Google連携を使ったWebサイトへのログインを自動化する方法
  • Webページからスクレイピングして取得したデータを使って、別のWebサイトをスクレイピングする方法
  • Webスクレイピングの基本。WebページのHTMLソースの見方として最低限知っておきたい事。
  • UI要素を特定するコツとCSSセレクタの使い方
じょじお

個人的にPADはWebスクレイピングがめちゃめちゃ簡単にできるところが好きなところなので、この領域の記事は特に増やしていきたいと思っています。

スクレイピングってなぁに?

スクレイピングとは、人間がWebブラウザで操作する作業を自動化することです。複数のWebページから大量のデータをとってきたり、画像を収集したり、することができます。PADでは主に「ブラウザー自動化」グループの中に含まれるアクションを使ってスクレイピングを目的としたフローを作ることができます。

Webスクレイピングともいいます。

スクレイピング以外にインターネット上のデータを取得する方法としては、APIを利用してデータ連携を行う方法があります。PADでもAPIのしくみを使って外部サービスとデータのやり取りをすることが可能です。

メール送信・Outlook操作系

現在準備中の記事(メール操作系)

  • 複数の添付ファイルを付けてメールを送信する方法(複数のリスト型データの添付)
  • メールの文章を特定の文字列パターンを抽出する(正規表現)
  • Power Automate Desktopでメール本文に表組レイアウトを挿入する

画像分析とかOCR(画像から文字列抽出)

OCR(文字抽出・文字起こし)

▲画像から「Tesseract OCRエンジン」を使った文字抽出(OCR)

Microsoft Cognitive Servicesを使った画像分析

▲Microsoft Azureの登録方法とComputer Visionを使ったOCRの基礎。

▲画像からMicrosoft Azureの「Computer Vision」を使った文字抽出(OCR)

▲画像から画像の説明文章を生成する。画像から画像にふさわしいタグを自動生成する。

▲画像に含まれるブランドロゴ・企業ロゴからブランド名・企業名を抽出する。

現在準備中の記事(画像分析)

  • Power Automate for Desktopで画像から顔認識して座標を取得する。
  • Power Automate for DesktopでGoogle Vision APIを使う方法。

Excel操作系

現在準備中の記事(Excel操作系)

  • PADからマクロを実行してPADに引数を戻す方法
  • Excel系アクションで取得できるDataTable型変数の扱い方
  • [初心者向け]Power Automate DesktopのExcel操作の基本中の基本

PDF操作系

▲PDFから全文抽出するには、一番手っ取り早くて精度も上々。

▲Tesseractエンジンを使ったPDFファイルのOCR。PDFを全文抽出する方法についてまとめています。

▲PDFから特定の文字(領域)を抽出するにはこちらの記事が参考になります。

現在準備中の記事(PDF操作系)

  • PDFから郵便番号や電話番号などの特定の文字列パターンを抽出する方法(正規表現)
  • PADで使用できるOCR技術の比較
  • Power Automate for Desktopで複数のPDFをまとめて印刷する。

Power Automate クラウドフローとの連携

※クラウドフロー(Power Automate)との連携には、Power Automateプレミアムコネクタを利用できるライセンス環境が必要です。

Power Automate Desktopと外部アプリの連携

▲外部サービス(Google/LINE/Chatwork/楽天など)と連携するにはWebスクレイピングよりもAPIという仕組みを利用するとスムーズな場合があります。こちらの記事ではPADでREST APIをたたくときの基礎知識について解説しています。

▲APIを使ってPADからLINEにメッセージを送信する方法です。

現在準備中の記事(アプリ連携)

  • Power Automate for DesktopでSlackにメッセージを送信する。
  • Power Automate for DesktopでTeamsにメッセージを送信する。

その他

現在準備中の記事(その他)

  • 機密変数をクラウドフロー管理画面から確認するとどうなるのか?
  • PADからFAXを送信する方法。
  • Power Automate for DesktopでまとめてPDF大量印刷する方法。
  • PADのフローを他の人に共有する方法
  • PADのフローファイルのバックアップ方法
  • Power Automate for Desktopの中のプログミング言語『ロビン言語』について知ろう。

更なる自動化を目指そう!

Power Automate for Desktopは非常に強力なツールですが、できることには限界があります。たとえばExcel操作を例にすると、Excel VBAと比べてしまうとできることはまだまだ少なくて、Excelで難しいことをするときはVBAに投げた方が良かったりします。

そしてPADは、個人のPC作業の自動化は得意ですが、チームメンバで連携する仕事はあまり得意ではないです。例えば、チームメンバで共有しているSharepoint上にあるリストを操作したり、共有メールアドレス受信時にアクションをしたり、メール受信時に自動でTeamsにファイルを共有したり、などといったチーム連携・サービスを超えた連携はPower Automateのクラウドフローの方が得意だったりします。

何が言いたいかというと、適材適所でツールを使い分けていけるように幅広く知識を持っておくと良いかなぁーと思います。

まとめ

じょじお

当サイトではPower Automate Desktopなどを使った業務効率化テクニックの解説をノンプログラマー向けに行っています。よろしかったらブックマークの登録よろしくお願い致します。

Power Automate Desktopおすすめ入門教材です。

▼いまのところ唯一の日本語書籍 Power Automate Desktop入門書です

▼動画で学びたい方はこちらのオールインワンで学べる講座がおすすめです。

ノンプログラマーでも自動化スキルを身につける。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる