リモートワークで導入して良かったツール詳しく見る

【初心者向け】Power Automate for Desktop の使い方を解説!

じょじお

この記事はPower Automate for Desktopのインストール方法について解説する記事です。初心者向けの解説となっています。

この記事でわかること!

  • Power Automate for Desktopを利用要件がわかる。
  • Power Automate for Desktopのインストール方法がわかる。
  • Power Automate for Desktopの画面の見方がわかる。
  • Power Automate for Desktopで簡単なフローを作成する方法がわかる。
目次

Power Automate for Desktop インストールしてみよう!

じょじお

Power Automate for Desktop(以下:PAD)のインストールと簡単なテストプログラムを実行するまでを解説します。10分程の作業になっているからトライしてみてね。

Power Automate for Desktopの利用要件は?

Power Automate for Desktopの利用に必要なもの!(利用要件)

  • PADの利用にはMicrosoft個人アカウント、組織アカウントのいづれかが必要です。
  • Windowsパソコンで使用できます。
  • 基本的には無料で利用できます。
  • インターネット接続環境
じょじお

Power Automate for Desktopは基本無料のサービスです。トリガー実行・スケジュール実行など一部の機能だけは有料プランの契約が必要となります。

Power Automate for Desktop インストール方法!

STEP
Microsoft Power Automate Desktop専用ページからインストールファイルをダウンロードします。
Power Automate Desktopインストール場所

▲専用ページの中の「無料でダウンロードする」をクリックします。

Microsoft Power Automate Desktop専用ページ

STEP
インストールファイルを開き、「次へ」をクリックします。
Power Automate Desktopインストール
STEP
インストールする場所を選択して、使用条件に同意し、「インストール」をクリックします。
  1. Power Automate(クラウドフロー)と連携をする場合はこちらのチェックをオンにします。
  2. 「インストールを選択すると、Microsoftの使用条件に同意したことになります。」にチェックをオンにします。
  3. インストールをクリックします。
STEP
Power Automate for Desktopのインストールが始まります。
STEP
使用するブラウザを選択して拡張機能をインストールします。
Power Automate Desktop
  1. ブラウザ操作自動化を予定されている方は、使用するブラウザを選択してブラウザ専用の拡張機能を一緒にインストールしておきましょう。この手順をスキップしても後から拡張機能をインストールすることができます。(後から使用ブラウザを変更することも可能です。)
  2. 「Power Automate Desktopの起動」をクリックしてPower Automate for desktopを起動しましょう。

Power Automate for Desktopへログインしよう!

STEP
Power Automate for desktopにMicrosoftアカウントでサインインします。
Power Automate Desktopサインイン

▲サインインをクリックします。

STEP
メールアドレス入力してサインインをクリックします。
Power automate desktop

使用できるMicrosoftアカウント(メールアドレス)は下記の2つがあります。

  • Microsoftビジネスアカウント(企業・組織のアカウント)
  • Microsoft個人アカウント
STEP
パスワードを入力してサインインをクリックします。
Power automate Desktop

インストール時のエラーでpower Automate Desktopが起動できないときは?

『バンドルされないエラー 問題が発生しました。ご不便をおかけして申し訳ありません。閉じてから、やり直してください。』

Power automate desktopエラー

▲「バンドルされないエラー 問題が発生しました。ご不便をおかけして申し訳ありません。閉じてから、やり直してください。」エラーについて。

わたしの環境では組織アカウントで使用中のPCで、組織アカウントからサインアウトし個人アカウントでサインインしようとしたところ、フロー一覧画面が「準備中」のまま停止してこのエラー画面が表示されました。何度かアンインストールと再起動を繰り返しても改善されなかったのですが、下記のようにタスクトレイに常駐している「Power Automate」サービスを閉じてから開き直したところ改善しました。

エラー対処方法

エラーの対処方法

STEP
Power Automate for Desktopを×ボタンで閉じます。

一旦Power Automate for desktopの画面をすべて閉じます。

STEP
タスクバー(タスクトレイ)の常駐している「Power Automate」を右クリックします。
タスクトレイに常駐しているpad
タスクトレイに常駐しているPAD
STEP
右クリックメニューの中の「終了」をクリックします。
STEP
再度Power Automate Desktopを開きます。

Power Automate for Desktopの用語

Power Automate for desktopの「フロー」と「アクション」とは?

ファイルをダウンロードするフロー
フローとアクション

Power Automate for desktopの使用前に最低限覚えておくべき用語について覚えておきましょう。Power Automate for desktopには「フロー」と「アクション」という言葉があります。例えば、「社内システムからファイルをダウンロードする」という仕事の自動化をPower Automate for desktopで行おうと考えるとき、「社内システムからファイルをダウンロードする」という仕事をPower Automate for desktopではフローと呼びます。

そして、一口に「社内システムからファイルをダウンロードする」といってもいくつかの作業で構成されていますよね。 手作業で作業するときにどんな手順で作業を行っているか細分化してみると下記のようになります。

「社内システムからファイルをダウンロードする」フローの作業ステップ

  1. 社内システムを開くにはまずはWebブラウザを開きます。
  2. そして社内システムのアドレスを入力して(あるいはブックマークをクリックして)社内システムのページを開きます。
  3. つぎに社内システムに自分の社員IDでログインして、
  4. DLしたいファイルリンクをクリックしてフローが完了します。

上記のようにフローに含まれる作業の最小単位をPADではアクションと呼びます。PADではあらかじめたくさんのアクションが用意されていて、それらのアクションをドラッグアンドドロップ操作で組み合わせながらフローを作っていきます。上の例で紹介したブラウザを開くアクションも最初から用意されています。

フローとは?

フローとは、自動化する”仕事”の単位です。

アクションとは?

アクションとは、フロー(仕事)の中に含まれる ひとつ以上の”作業”の単位です。

じょじお

ここで紹介した2つの言葉「フロー」と「アクション」はPADのドキュメントや解説書に必ず出てくる言葉なのでぜひ覚えてください!

Power Automate for Desktopに用意されているアクション一覧

じょじお

下記は代表的なアクションです。

Power Automate for Desktopには、たくさんのアクションが用意されています。

代表的なアクション

  • Excelグループのアクション
    • Excelの起動
    • Excelワークシートの読み取り
    • Excelワークシートに書き込み
  • ブラウザー自動化グループのアクション
    • 新しいChromeを起動する
    • Webページのリンクをクリックします
    • Webページのダウンロードリンクをクリックします
  • Outlookグループのアクション
    • Outlookメールメッセージの送信
  • PDFグループのアクション
    • PDFからテキストを抽出する
  • マウスとキーボードグループのアクション
    • マウスクリックの送信
  • OCRグループのアクション
    • テキストが画面に表示されるまで待機(OCR)

アクションにはパラメータと出力があります。

パラメータとは?

アクションの実行に必要な設定値です。必ず入力しなければいけない必須項目と、任意で入力・選択するオプション項目があります。例えば 「アクティブなExcelワークシートの取得」 アクションはExcelのシートの中のどのシートがアクティブになっているかを確認するためのアクションです。このアクションを実行するには「Excelインスタンス」という必須項目であるパラメータを入力します。

変数とは?

アクションの多くは結果を変数に出力します。例えば上の図は「アクティブなExcelワークシートの取得」アクションの例です。「アクティブなExcelワークシートの取得」アクションはExcelインスタンスというユーザからパラメータを受け取って実行され、SheetName変数にシート名、SheetIndex変数にシート番号を出力します。

変数にはデータ型という概念があります。

フロー「Hello World.」を作成してみよう。

フローの新規作成方法

STEP
コンソール画面で「+新しいフロー」をクリックします。
フローの作成

プログラミング学習ではおなじみの「Hello World.」メッセージを表示してみたいと思います。フロー管理画面の左上にある「+新しいフロー」をクリックしてフローを作成します。

上の図ではすでにわたしが作成したフローが並んでいます。初めてPADを使う方は画面の中に何も表示されていないかと思います。

STEP
フロー名を入力する。

▲フロー名を入力して「作成」をクリックします。

STEP

フローデザイナー画面の説明

PADフローデザイナー
PADフローデザイナー画面

▲フローを新規作成するとフローデザイナー画面が開きます。フローデザイナーは3つのペインで構成されています。

フローデザイナーを構成する3つのペイン

  • アクションペイン
  • ワークスペース
  • 変数ペイン

アクションペインからアクションを選んで、ワークスペースにドラッグアンドドロップで追加していきながらフローをつくっていきます。変数ペインは、フローで利用する変数やデータの中身を確認することができます。

アクションの追加方法

STEP
「メッセージを表示」アクションを追加します。
PADアクションの追加方法

▲アクションを追加しましょう。アクションはフローデザイナー画面の左側のアクションペインに一覧されています。この中から使用するアクションを探してワークスペースペインに追加していきます。今回使用するのは「メッセージを表示」アクションです。「メッセージボックス」カテゴリの中の「メッセージを表示」をワークスペースにドラッグアンドドロップで追加しましょう。

STEP
「メッセージを表示」アクションのパラメータを入力します。
Hello world

▲「メッセージを表示」アクションのパラメータを入力します。「表示するメッセージ」に「Hello world」を入力します。

STEP
フローを実行します。
PADフロー実行

▲画面上の実行ボタンをクリックしてフローを実行してみます。

STEP
メッセージボックスが表示される
実行ボタンをクリックします。

▲メッセージボックスが表示されました。フローの作成成功です。

フローの保存方法

じょじお

フローを保存するにはフローデザイナー画面上部のフロッピーディスクのようなアイコンをクリックします!

STEP
padフローの保存方法

▲画面上のフローの保存アイコンをクリックしてフローを保存しましょう。

STEP
padフローの保存方法

▲保存できました。

ショートカットキー「Ctrl+S」でも保存することできます

フローの実行方法

じょじお

フローを実行する方法は2つあります。1つはコンソール画面から実行する方法、2つめはフローデザイナー画面から実行する方法です。

フローの2つの実行方法

  • コンソール画面からフローを実行する方法
    • フローが完成したらこの方法が便利です。
  • フローデザイナー画面からフローを実行する方法
    • フロー作成中やフローのテストの時などはこちらが便利です。

フローをコンソール画面から実行する方法

STEP
フローの実行方法

▲作成したフローはコンソール画面に一覧画面に表示されます。

STEP
実行ボタンをクリック

▲フローを実行する時は、実行ボタンをクリックします。

フローをフローデザイナー画面から実行する方法

フローデザイナー画面の上部にある三角形の実行ボタンをクリックします。

まとめ

じょじお

これで基本を理解できたと思います。あとはいろいろなアクションを試しながらオリジナルフローを作成していきましょう。

ノンプログラマーでも自動化スキルを身につける。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる