リモートワークで導入して良かったツール詳しく見る

Power Automate for Desktopでよくあるエラーと対処方法について

目次

はじめに

じょじお

この記事はPower Automate for Desktopのエラーをまとめている記事です。整備中のため見づらくてすみません!

※この記事は検証中の内容を含みます。参考程度にお読みください。

Power Automate for Desktop 起動時のエラー

準備しています。画面のままストップした。

エラー:「準備しています。」画面のままストップした。

PAD準備しています

考えられる原因

  • 2段階認証での操作ミスなどにより認証失敗時によくでる印象です。認証失敗のキャッシュが邪魔している?

対処方法

Power Automate for Desktop からサインアウトしてアプリケーションを閉じたあと、タスクトレイに常駐しているPower Automate Desktopサービスを終了します。そのあともういちどPADを開いてサインインすると改善する場合があります。

STEP
PADをサインアウトしてから画面をすべて閉じます。

フローデザイナーやコンソール画面などをすべて閉じてください。

STEP
タスクトレイに常駐にしている「Power Automate Desktop」サービスのアイコンのところで右クリックします。
タスクトレイに常駐しているpad
STEP
「終了」をクリックします。
PADサービス停止
STEP
PADを開いてサインインします。

上記で改善しない場合は、タスクトレイのサービスの再度終了させてから、下記キャッシュファイルを削除してからPADを開いてみます。

Power Automate for Desktopのキャッシュファイル

  • %LocalAppData%\Microsoft\Power Automate Desktop\
  • %USERPROFILE%\AppData\Local\Microsoft\Power Automate Desktop\
サインイン中にエラーが発生しました。

サインイン中にエラーが発生しました。

サインイン中にエラーが発生しました。

エラー

サインイン中にエラーが発生しました。ログインできません。後でやり直すか、管理者にお問い合わせください。

考えられる原因

以下のいずれかの可能性が高そうです。

  • Windowsの更新なんかの影響で認証情報が再度必要になった。
  • ネットワークエラーで認証サーバと通信ができていない。

対処方法

以下のいずれかで改善する可能性があります。

  • IDとパスワードを入力し直しましょう。
  • 認証情報が正しくて表示される場合は、ネットワークのエラーかもしれないです。インターネット接続に問題が起きていないか確認しましょう。

Power Automate for Desktopインストール中のエラー

ハンドルされないエラー「問題が発生しました。ご不便をおかけして申し訳ありません。」

エラー:ハンドルされないエラー「問題が発生しました。ご不便をおかけして申し訳ありません。」

Power automate desktopエラー

エラー

原因

  • 詳細はよくわかりません。2段階認証に失敗(スマホの押し間違い)した時に出ました。

対処方法

上述のこちらの対処で解消しました。

フロー実行時のエラー

パソコンが重くなる

エラー:やたらパソコン全体が重くなる

フローを実行中・作成中にエラー起因か手動でPower Automate for Desktopをストップすると、パソコンがとても重くなることがあります。また、なんの問題もなくフローを完了させても重くなることがあります。

考えられる原因

  • ハングアップしたPower Automate for Desktopのプロセスがメモリに残っている可能性があります。
  • Power Automate for Desktopで開いたExcelなどのアプリケーション(プロセス)がメモリに残っている可能性があります。

確認方法と対処方法

タスクマネージャーを開き(Ctrl+Shift+Esc)、PADのプロセスがいくつも残っていないか確認しましょう。残っている場合はフローの保存ができれば保存してから「タスクの終了」をします。

また、PADで開いたExcelなどのアプリケーションがフロー実行終了後もメモリに常駐したままになっている可能性があります。この場合もタスクを終了します。この場合はフロー内にプロセスを終了させる処理が存在しないことが原因なので、根本対策として「プロセスを終了する」アクションなどをフローに追加して適切にプロセスを終了させます。

上記の理由がない場合、一度パソコンを再起動します。一時的なトラブルの場合、ほとんどは再起動で解消されるはずです。

フロー実行時に必ずパソコンが重くなるという時にありがちなのが、PADでExcelなどのアプリをバックグラウンドで起動してアプリを閉じるアクションを追加していないケースです。知らない間にバックグラウンドでアプリが常駐し続けてメモリを圧迫します。
アプリを開く系のアクションを使う場合は、アプリを閉じるアクションを必ず入れましょう。

フローの初期化に失敗しました。

考えられる原因

フローの初期化に失敗しました。アクティブなインターネット接続があることを確認して、管理者に問い合わせてください。

関連付けID:78d31744-1193-48d4-a95e-1e496609f934

プロセスは終了しているため、要求された情報は利用できません。

  • System.InvalidOperationException: プロセスは終了しているため、要求された情報は利用できません。

「アプリケーションを実行」アクションでまれに表示される。

Power Automate for Desktop初心者によくあるエラー

パスに変数を使うときのエラー

パスに変数を使った時にエラーになったときは下記を確認してください。

  • 区切り文字\の記述漏れがないか。
  • 変数かパスにスペースや改行がまぎれていないか。
    • スペースや改行は「テキストのトリミング」アクションで除去できます。
  • 変数やパスに、Windowsのファイル名として利用できない記号を使っていないか。
  • クォーテーションは不要です。

Webブラウザー自動化(スクレイピング)のエラー

エラー:Webページのリンクをクリックできませんでした。

エラー:セレクター〇〇を含む要素が見つかりません

エラーの原因

  • UI要素が上手く認識できていない可能性があります。
  • セレクターに該当するUI要素が複数存在する可能性があります。
  • ターゲットのWebサイトのHTML構成に変更が加わった可能性があります。

解決策

  • UI要素を再取得してみてください。
  • ターゲットのWebサイトのHTML構成を見直してセレクターに間違いがないか確認してください。
  • 別のセレクターの指定方法を試してみください。

自分でデバッグするコツ

>>初心者向けデバッグのための基礎知識(記事作成中)

Power Automate for Desktopの情報を集める方法

おすすめのPower Automate Desktop入門教材

Power Automate学習教材

Power AutomateをKindleで学びたい方はコチラ

▲Kindleと紙媒体両方提供されています。デスクトップフロー、クラウドフロー両方の解説がある書籍です。解説の割合としてはデスクトップフロー7割・クラウドフロー3割程度の比率となっています。両者の概要をざっくり理解するのにオススメです。

Power Automate for Desktopの基本をしっかり学習するのにオススメです。RPA界隈では有名なRPAエンジニア集団である『ロボ研』さんが監修されている解説書です。テスト用の業務Webシステム/デスクトップ業務アプリを使いながら実践形式で学習できる点が一番のメリットかなぁと思います。

Power Automateを動画で学びたい方はコチラ

▲Udemyで数少ないPower Automateクラウドフローを主題にした講座です。セール時は90%OFF(1200円~2000円弱)の価格になります頻繁にセールを実施しているので絶対にセール時に購入してください。満足がいかなければ返金保証制度がありますので安心してご購入いただけます。

参考

Power Automate デスクトップ インストールのトラブルシューティング

ノンプログラマーでも自動化スキルを身につける。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる