リモートワークで導入して良かったツール詳しく見る

【初心者向け】Power Automate for Desktopとは?

じょじお

この記事は、Power Automate for Desktop(PAD)について解説します。

この記事でわかること!

  • Power Automate for Desktopの概要がざっくりと理解できる。
  • Power Automate for Desktopの歴史がざっくりと理解できる。

Power Automate for Desktopとは?

じょじお

Power Automate for Desktopは、Microsoftが提供する無償のRPAソフトウェアです。

RPA機能を提供します。

Power Automate for Desktop

RPAとは?

RPAは「Robotic Process Automation(ロボティクスプロセスオートメーション)」の略語です。意味としては、『普段人間が行っているパソコンのルーチンワークをロボットにまかせて自動化すること』をいいます。このロボットのことを指して「仮想知的労働者(デジタルレイバー)」と言ったりもします。

RPAを導入することによって、人間は生産的な業務に集中して時間を使うことができるで、会社の生産性があげることが可能です。

Power Platformのサービスのひとつです。

Power Automate for DesktopはPower Automateの機能のひとつであり、Power AutomateはPower Platformのサービスの一つです。Power Platformの概要については下記の記事で紹介しています。宜しかったらご参考になさってください。

Power Automate と Power Automate for Desktopの違いは?

Power Automate for Desktopについて情報を収集する中で「Power Automate」という言葉も登場して、この二つの言葉を混合してしまい混乱している方もいらっしゃるのではないでしょうか。わたしも最初はそうでした。

結論から言うとPower Automate for DesktopはPower Automateの機能の一部です。Power Automate

このため基本的にはこの2つを切り離して語ることはしない方が良いです。

Power Automate for Desktopのメリット

じょじお

Power Automate for Desktopのメリットは、無料で気軽にできて直感的に触り始めることができることです。

無料で気軽に利用できる。

無料で使用でき、しかもWindows11に標準搭載されたことで誰でも気軽に利用できるようになりました。高額なRPAソフトが多い中で無料で利用できる点は大きなメリットかなと思います。

ノンプログラマーでも活用できる。

Power Automate for Desktopはローコードで利用できるツールです。プログラミングコードを書かずにマウスのドラッグ&ドロップ操作を中心に直観的に自動化フローを組み立てていくことができます。

もちろん多少の学習は必要になりますが、プログラミングで業務自動化ツールを作成するよりも圧倒的にコスト削減できます。

料金

じょじお

Power Automate for Desktopは基本的には無料で利用できます。ただし、一部の機能は有償版の契約が必要です。

無償版でできないこと

  • 時間実行
  • トリガー実行
  • 第三者とフローの共有
無料版有料版
時間実行利用不可利用可
トリガー実行利用不可利用可
フローの共有利用不可利用可
Power Automate for Desktop

価格は公式のPower Automateの価格表をご覧ください。

歴史

Power Automate for Desktopの歴史
2020年05月 MicrosoftがSoftmotive社を買収

Microsoftは、Windowsを動作環境とするRPA製品WinAutomation』を提供するSoftmotive社を買収しました。WinAutomationは、Power Automate for Desktopと非常によく似ていてPower Automate for Desktopの前身といえます。

2020年12月09日 正式リリース

WindowsのRPAソフトウェア「Power Automate Desktop」の正式リリースが開始されました。

2021年03月21日 無償化

Windows10ユーザに無償提供が開始されました。

2021年10月4日、Windows11に標準搭載。『Power Automate for Desktop』に名称変更。

Windowsの新しいOS、windows11に標準搭載されました。これにあわせて名称が「Power Automate Desktop」から「Power Automate for Desktop」に変更されました。

じょじお

Power Automate for Desktopは現在もめまぐるしいアップデートが続いています。最新情報は公式ブログをチェックしてください。

Power Automate for Desktopを使う方法

じょじお

Power Automate for Desktopのインストール方法と基本的な使い方に関しては下記の記事で解説していますのでご参考になさってください。

Power Automate for Desktopに必要な環境

ぽこがみさま

Power Automate for Desktopを利用するには下記が必要となります!

Power Automate for Desktopの利用に必要なもの

  • windowsパソコン
  • Microsoftアカウント(無料で作成できます)
  • インターネットに接続できる環境

Power Automate for Desktopのアクション一覧

Power Automate for Desktopには2021年12月現在450を超えるアクションがあります。アクションとはPADで自動化するときの最小動作単位です。PADではこのアクションをドラッグ&ドロップで組み合わせながらロボットを作成していきます。

アクションの例としては「Excelを開く」、「Excelを閉じる」、「Outlookを起動する」、「Outlookからメールを送信する」などがあります。

利用できるアクションの一覧は下記の記事をご覧ください。

Power Automate for Desktopでできること・活用事例

下記の記事で活用事例を解説していますのでご参考になさってください。

Power Automate for Desktopでできないこと

できないわけではありませんが、クラウド連携はクラウド版のPower Automateの方が得意です。クラウド連携する場合はクラウド版Power Automateをメインで使用することを検討した方が良いかなと思います。

Power Automate for Desktopの学び方

Power Automate for Desktopの学習方法や、どこで情報を収集すればよいか、などは下記の記事をご参考になさってください。

Power Automate学習教材

Power AutomateをKindleで学びたい方はコチラ

▲Kindleと紙媒体両方提供されています。デスクトップフロー、クラウドフロー両方の解説がある書籍です。解説の割合としてはデスクトップフロー7割・クラウドフロー3割程度の比率となっています。両者の概要をざっくり理解するのにオススメです。

Power Automate for Desktopの基本をしっかり学習するのにオススメです。RPA界隈では有名なRPAエンジニア集団である『ロボ研』さんが監修されている解説書です。テスト用の業務Webシステム/デスクトップ業務アプリを使いながら実践形式で学習できる点が一番のメリットかなぁと思います。

Power Automateを動画で学びたい方はコチラ

▲Udemyで数少ないPower Automateクラウドフローを主題にした講座です。セール時は90%OFF(1200円~2000円弱)の価格になります頻繁にセールを実施しているので絶対にセール時に購入してください。満足がいかなければ返金保証制度がありますので安心してご購入いただけます。

まとめ

じょじお

以上、この記事ではPower Automate for Desktopについて解説しました。

Power Automate for Desktop関連記事

ノンプログラマーでも自動化スキルを身につける。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる