リモートワークで導入して良かったツール詳しく見る

Power Automate for desktopからChatworkにメッセージを送信する。

じょじお

この記事ではPADを使ってChatworkにメッセージを送信する方法について解説します。

ぽこがみさま

Chatwork APIを使うよ。

この記事でわかること

  • ChatworkのAPIキーとルームIDの取得方法がわかる。
  • Power Automate for desktopを使ってChatworkにメッセージを送信する方法がわかる。
目次

Chatwork APIを使ってChatworkにメッセージを送信しよう!

Chatwork APIとは?

Chatwork APIは、外部のプログラムから簡単に使用できたり、Chatworkで発生したイベントを外部のプログラムに提供することができます。

Chatwork API ドキュメント

Chatwork APIの特徴

  • Chatworkアカウントを持っていればだれでも無料で利用できます。
  • RESTの原則に基づいたAPIです。

Chatwork APIのドキュメント

Chatworkにメッセージを送信するために必要な作業を確認します。

Chatwork APIを使うには?

今回は下記の3つのステップで作業します。

  • Chatwork APIトークンの取得
  • Chatwork ルームIDの取得
  • Power Automate for desktopフローの作成

Chatwork APIトークン・ルームIDとは?

じょじお

Chatwork APIを使ってメッセージを送信するには下記の2つが必要になります!

Chatwork APIトークンはChatwork APIを使用する際に必要になる認証のためキーのようなものです。

ルームIDはChatworkのルームに一意に割り当てられている管理番号です。メッセージをどこのルームに送信するのかを特定するために用います。

(STEP1)Chatwork APIトークンを取得する

STEP
Chatworkアプリケーションを開きます。

Web版かデスクトップアプリケーション版のChatworkを起動します。

STEP
「アカウント名>サービス連携」をクリックします。
Power Automate for desktop Chatwork

▲画面右上に表示されている自分のアカウント名をクリックして「サービス連携」をクリックします。

STEP
ブラウザでChatworkのページが開きます。「API Token」をクリックします。
Power Automate for desktop Chatwork

▲ブラウザで図のようなページが開きますので、左側のAPI Tokenをクリックします。

STEP
パスワードを入力して「表示」をクリックします。
Power Automate for desktop Chatwork
STEP
API Tokenが表示されるのでコピーします。
Power Automate for desktop Chatwork

API Tokenが表示されますのでコピーしましょう。のちほどPADフローの作成の時に使用します。

(STEP2)Chatwork ルームIDを取得する

STEP
Chatworkアプリケーションを開きます。

Web版の方が良いかもしれません。

STEP
メッセージを送信したいルームを開き、ルームIDをコピーします。
Power Automate for desktop Chatwork

▲ルームを選択するとアドレスバーに下記のような形のURLが表示されます。URLの中のrid移行の数字がルームIDとなりますのでコピーしましょう。

https://www.chatwork.com/#!rid195918169

(STEP3)Power Automate for desktopフローの作成

入出力変数の設定(Chatwork APIトークン)

じょじお

まずAPIトークンを機密変数にいれる作業やります。

STEP
PADフローを新規作成してフローデザイナーを開きます。
STEP
フローデザイナーの右側の変数ペインから入出力変数を追加します。
Power Automate for desktop Chatwork

▲入出力変数の「+」をクリックします。

Power Automate for desktop Chatwork

▲「入力」をクリックします。

STEP
入力変数のパラメータを入力します。
Power Automate for desktop Chatwork

▲パラメータを入力します。

  • 変数の種類:入力
  • 変数名:NewInput
  • データの種類:String
  • 規定値:ここにChatwork API Tokenを入力します。
  • 外部名:NewInput
  • 説明:Chatwork APIトークン
  • 機密変数としてマーク:チェックを入れます。

機密変数にすると変数の中身を隠蔽できます。

STEP
入力変数が追加できました。
Power Automate for desktop Chatwork

▲入出力変数にNewInputという機密変数を作成できたことがわかります。右側のサングラスのアイコンは機密変数を表します。

PADフローの作成

じょじお

準備が整いましたのでフローを作成していきます。

STEP
「変数の設定」アクションを追加します。(ルームID)
Power Automate for desktop Chatwork

▲フローの一番上に変数グループの中の「変数の設定」アクションを追加します。

Power Automate for desktop Chatwork

▲パラメータを入力します。

  • 設定:RoomId(変数名)
  • 宛先:ChatworkのルームIDを入力します。
STEP
「変数の設定」アクションを追加します。(メッセージ本文)
Power Automate for desktop Chatwork

▲パラメータを入力します。

  • 設定:message(変数名)
  • 宛先:Chatworkに送信するメッセージを入力します。今回は下記のように入力しました。
[info][title]テストメッセージ[/title]
このメッセージはPower Automate for desktop から送信するテストメッセージです![/info]

Chatworkに送信するメッセージにはChatwork独自のメッセージ記法を使ってメッセージを装飾することができます。メッセージ記法は下記のChatwork APIドキュメントを確認してください。

STEP
「Webサービスを呼び出します」アクションを追加します。
Power Automate for desktop Chatwork
Power Automate for desktop Chatwork

▲パラメータを入力します。

  • URL:https://api.chatwork.com/v2/rooms/%RoomId%/messages?body=%message%
  • メソッド:POST
  • 受け入れる:application/json
  • コンテンツタイプ:application/x-www-form-urlencoded
  • カスタムヘッダー:X-ChatWorkToken: %NewInput%
  • 要求本文:(空白)
  • 応答を保存します:テキストを変数に変換します。

カスタムヘッダーのX-ChatWorkToken: %NewInput%のコロンの右隣りは必ず半角スペースを入れてください。

Power Automate for desktop Chatwork

▲詳細設定については図のようにデフォルト値のままにしました。

STEP
フローが完成しました!
Power Automate for desktop Chatwork

PADフローの実行結果

じょじお

フローが完成したので実行してみましょう!

Power Automate for desktop Chatwork

▲フローを実行すると送信先のルームにメッセージを確認することができました。

まとめ

Chatwork API

エンドポイントURI
https://api.chatwork.com/v2/rooms/%RoomId%/messages?body={メッセージ本文}

コンテンツタイプ
application/x-www-form-urlencoded

カスタムヘッダー
X-ChatWorkToken: {Chatwork APIトークン}

じょじお

以上、PADからChatworkにメッセージを送信する方法について解説しました。

ぽこがみさま

このブログではPower Automate などのRPAツールやVBA/GAS/Pythonを使った業務効率化ツールの作成などについて発信しています。
参考になりましたらブックマーク登録お願いします!

Power Automate学習教材

Power AutomateをKindleで学びたい方はコチラ

▲Kindleと紙媒体両方提供されています。デスクトップフロー、クラウドフロー両方の解説がある書籍です。解説の割合としてはデスクトップフロー7割・クラウドフロー3割程度の比率となっています。両者の概要をざっくり理解するのにオススメです。

Power Automate for Desktopの基本をしっかり学習するのにオススメです。RPA界隈では有名なRPAエンジニア集団である『ロボ研』さんが監修されている解説書です。テスト用の業務Webシステム/デスクトップ業務アプリを使いながら実践形式で学習できる点が一番のメリットかなぁと思います。

Power Automateを動画で学びたい方はコチラ

▲Udemyで数少ないPower Automateクラウドフローを主題にした講座です。セール時は90%OFF(1200円~2000円弱)の価格になります頻繁にセールを実施しているので絶対にセール時に購入してください。満足がいかなければ返金保証制度がありますので安心してご購入いただけます。

Kindle UnlimitedならPower Automateの解説本が読み放題!!!

ノンプログラマーでも自動化スキルを身につける。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる