リモートワークで導入して良かったツール詳しく見る

Power Automate for DesktopからLINEへ通知する方法!

じょじお

この記事は、Power Automate for DesktopからLINEに通知する手順について解説します。

Power Automate for Desktop(以下PAD)から通知を行うには下記の方法があります。

  • LINE Notify APIから通知する。
  • LINE DEVELOPERで自作ボットを作成してボットから通知する。

LINE Notify APIは、LINEユーザなら誰でも使うことができる通知用ボットです。利用登録するだけで簡単に使うことができます。プロフィールアイコンを変更できないデメリットはありますが、自作ボットよりも圧倒的に簡単に作成することができます。この記事ではLINE Notify APIをつかってPower Automate for Desktopからメッセージを送信する方法をお伝えします。

目次

はじめに

PADでAPIを利用する基礎知識についてはこの記事では解説を行いません。基礎知識については下記の記事で解説しています。APIって何?という方にも参考になるかと思いますのでよろしければご覧ください。

手順の説明

じょじお

以下の流れで作業を行います。

  1. LINE Notifyの利用登録
  2. Power Automate for Desktopフローの作成

(STEP1)LINE Notifyの利用登録の手順

STEP
LINE Notifyのホームページにブラウザで開きます。
STEP
LINE Notifyにログインを行います。
LINE Notify

▲画面右上の「ログイン」をクリックします。

LINE Notify

▲①メールアドレス、②パスワードを入力します。普段LINEでお使いいただているLINEアカウントの情報を入力してください。入力が完了したらログインボタンをクリックします。

LINEアカウントとメールアドレスの登録を行っていない場合、事前に紐づけを行わないとログインできない可能性があります。ログインできない場合はその点をご確認ください。

LINEアカウントにメールアドレスを登録する方法(メアド確認方法)

Androidの場合
スマホ版LINEを開き、[ホーム]タブ > 右上の歯車アイコン >[アカウント] > [メールアドレス]からメールアドレスを設定します。

STEP
ログイン後、メニューの中の「マイページ」をクリックします。
LINE Notify
STEP
「トークンを発行する」をクリックします。
LINE Notify
STEP
トークン名を入力して通知先のトークルームを選択します。
LINE Notify
  1. トークン名を入力します。トークン名はボットの名前のようなものです。役割ごとにLINE Notifyを複数作成することを想定して、区別のためにわかりやすい名前を付けておくと良いです。
  2. トークルームを選択します。自分自身に通知するのでしたら「1:1でLINE Notifyから通知を受け取る」を選択します。グループチャットへ通知することも可能です。
  3. 発行するをクリックします。
STEP
トークンが発行されますのでコピーします。
LINE Notify

▲コピーをクリックしてクリップボードにコピーしたら閉じるボタンでクリックします。一度閉じてしまうとトークンは確認できないため気を付けてください。トークンをコピーせずに閉じてしまった場合は、作成したNotifyを削除してからもう一度Notifyを作成してください。

STEP
登録は完了です。ブラウザを閉じてください。
LINE Notify

以上で登録は完了です。登録されたボットはマイページから確認・削除することができます。複数作成する場合は同じ操作を繰り返してください。

(STEP2)Power Automate Desktopフローを作成します。

STEP
作成するフローを確認します。
Power Automate for Desktop

今回作成するフローの完成版です。3つのアクションを使います。

STEP
「変数の設定」アクションを追加します。(トークン用)
Power Automate for Desktop

▲「変数の設定」アクションを追加します。

Power Automate for Desktop

▲変数の設定アクションにパラメータを入力します。

  1. 変数名:「token」と入力します。
  2. 宛先:LINE Notifyでコピーしたトークンをペーストします。
  3. 保存をクリックします。
STEP
「変数の設定」アクションをもう一つ追加します。(メッセージ用)
  1. 変数名:「msg」と入力します。
  2. 宛先:LINEに通知するメッセージを入力します。
STEP
HTTPの中にある「Webサービスを呼び出します」アクションを追加します。
Power Automate for Desktop
STEP
「Webサービスを呼び出します」アクションのパラメータを入力します。
Power Automate for Desktop
  1. URL:https://notify-api.line.me/api/notify
  2. メソッド:POST
  3. 受け入れる:application/json
  4. コンテンツタイプ:application/x-www-form-urlencoded
  5. カスタムヘッダー:Authorization: Bearer %token%
  6. 要求本分:message=%msg%
Power Automate for Desktop
  1. 要求本文をエンコードします:オフにします。

その他のパラメータは初期値かと思います。以上の入力ができましたら「保存」をクリックして閉じます。

STEP
フローを保存してテスト実行します。

以上でフローは完了です。フローを保存してテスト実行してみましょう。

STEP
LINEに届いたメッセージを確認します。
LINE Notify

LINE通知が成功すると、LINE Notifyからメッセージが着信していることが分かります。画像のメッセージの中の[テスト通知]という文言はLINE Notifyのトークン名が表示されます。

LINEのエラーの時は見てね。

LINEメッセージが着信しないときは?

メッセージの送信に失敗した・着信しないという場合は、フロー変数のWebServiceResponseを確認してみてください。

※変数の内容以外にもPADにエラーがでている場合は、まずはそちらを対応してください。

WebServiceResponse のステータスコード一覧

{“status”:401,”message”:”Invalid access token”}

トークンの貼り付けに失敗しています。もう一度トークンを確認してみてください。解決しない場合はトークンを作りなおしてみてください。

{“status”:404,”message”:”Not Found”}

URLが間違っています。URLを確認してください。

{“status”:400,”message”:”message: must not be empty”}

入力値に誤りがあるか、「要求本文をエンコード」がオンになっている可能性があります。設定を確認してください。

{“status”:200,”message”:”ok”}

メッセージが正常に送信されました。 

まとめ

じょじお

以上、PADからLINE Notifyを使ってLINEにメッセージを送信する方法でした。

ノンプログラマーでも自動化スキルを身につける。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる