デスクワークを超絶快適にするおすすめギアたち詳しく見る

【簡単】メールやTeamsの本文中にローカルの画像ファイルを挿入する方法!

この記事でわかること

  • Power Automate for desktop(PAD)のBase64アクションの概要
  • PADのBase64アクションを使ってメール本文にローカル画像を埋め込む方法
  • Base64についてざっくり解説
  • Base64を使ってTeamsメッセージ本文に画像を埋め込む方法
目次

Base64アクションが追加されました。(2022年2月のアップデート)

2022年2月のPower Automate for desktop のアップデートもたくさんありました。一番の注目の的はカスタムフォーム作成機能の追加かなとは思いますがそちらはまた別の記事で試してみるとして、この記事では今回のアップデートで追加されたBase64アクションについて書きたいと思います。

PADに追加された「Base64」アクションとは?

実際に追加されたのは下記の2つのBase64のアクションです。

追加された2つのBase64のアクション

  • ファイルをBase64に変換する」アクション
  • Base64をファイルに変換する」アクション

どんなアクションか、については公式ブログに下記の説明がありました。Base64については下記が解説の全文です。

A file is sent over the internet (typically via an API) as a Base64 encoded string representation. By allowing the users to easily convert a file to Base64 string and vice versa, file transfer over the internet is facilitated.
(以下Deepl翻訳)インターネット上では、ファイルはBase64でエンコードされた文字列表現で送信される(通常はAPI経由)。ユーザーが簡単にファイルをBase64文字列に変換したり、逆にBase64文字列に変換したりできるようにすることで、インターネット上でのファイル転送を容易にすることができる。

引用:Microsoft Power Automate Blog
アップデートの公式記事はこちら

そもそもBase64ってなんなの?

Base64

Base64とは一言でいうと画像などのバイナリデータをテキストに変換する際の変換方式です。

「Base64はテキストしか受け付けないアプリ(あるいはそこまでの経路)の中で、画像ファイルなどのファイルデータを一時的にテキストにエンコード(符号化)するよ。」

メールシステムの中で添付ファイルをエンコード・デコードするシーンで用いられているようです。私たちは普段日常的にメールを使っていますがBase64なんて言葉聞いたことない方も多いかと思います。それはメールアプリケーションがエンコードもデコードも内部でこっそり自動でやってくれているのでBase64なんて言葉を知らなくても添付ファイルを送ったり見れたりするわけですね。

エンコードしたBase64文字列を、HTMLのimgタグに渡すことで画像を本文中に表示することができます。

Power Automate for desktopでのBase64アクションの活用方法は?

Base64をHTMLに埋め込む方法

Power Automate for desktopでの「Base64アクション」の使い道として一番活躍する場面としてはHTMLにローカルPCの画像ファイル(他バイナリファイル)を埋め込む時ではないでしょうか。

通常HTMLファイルやHTMLメール(普通のメール)に画像を挿入する場合、<img src="images/画像.png" /> のようにimgタグを使って画像ファイルを指定しますが、ここで指定する画像はインターネット上にアップロードされている必要があります。ローカルpcの「C:¥Users\user\images\画像.png」というファイルをHTMLメールの本文に挿入したいからといって、<img src=C:¥Users\user\images\画像.png />というようにメールに記述しても、受け取った側としては当然画像を見ることはできません。

しかしBase64を使ってエンコードして直接HTMLに埋め込んでしまえばローカルの画像ファイル(他バイナリファイル)を直接送信することが可能です。imgタグを使った記述方法の例は下記です。

imgタグの書き方

.png画像を挿入する

<img src="data:image/png;base64,Base64エンコード文字列" />

.jpeg/.jpg画像を挿入する

<img src="data:image/jpeg;base64,Base64エンコード文字列" />

文中の「Base64エンコード文字列」は「ファイルをBase64に変換する」アクションから生成された変数を渡します。

じょじお

次の項から実際に「ファイルをBase64に変換する」アクションを使ってメール・TeamsにローカルPCの画像を挿入してみたいと思います。

Base64アクションを使ってOutlookメール本文に画像を埋め込む方法!

じょじお

Outlookメール本文に画像ファイルを送信してみます。

STEP
まずはゴールの確認

Power Automate for desktopを使って文中に画像を挿入されたメールを送信することが今回のゴールです。

わたしはCドライブに保存された画像ファイルを使います。

STEP
「Power Automate for desktop」を起動して新規フローを作成します。
STEP
「ファイルをBase64に変換する」アクションを追加します。
Power automate for desktop Base64

▲「ファイルをBase64に変換する」アクションを追加します。「ファイルをBase64に変換する」アクションはファイルグループの中にあります。

STEP
「ファイルをBase64に変換する」アクションのパラメータを入力します。
Power automate for desktop Base64

▲「ファイルをBase64に変換する」アクションのパラメータを入力します。入力すべき項目としては画像ファイルのパスを入力するだけなので簡単ですね。ファイルピッカーを使ってファイルを選択しても良いですし、フルパスを手入力しても良いですし変数を渡すことももちろんできます。

このアクションでは画像がテキストに変換され、変換されたテキストはデフォルトでは%Base64Text%という変数に格納されます。

このアクションで生成される変数:%Base64Text%

STEP
「Outlookを起動します」アクションを追加します。
Power automate for desktop Base64

▲「Outlookを起動します」アクションを追加します。Outlookインスタンス名は変更せずにデフォルトのままOKを押します。

STEP
「Outlookからのメールメッセージの送信」アクションを追加します。
Power automate for desktop Base64

▲「Outlookからメールメッセージの送信」アクションを追加してパラメータを入力します。

  • Outlookインスタンス:%OutlookInstance%
  • アカウント:メールアドレスを入力します。
  • メールメッセージの送信元:送信元メールアドレスを入力します。
  • 宛先:宛先メールアドレスを入力します。
  • 件名:件名を入力します。
  • 本文:別記
  • 本文はHTMLです:オンにします。
こんにちは!
画像のテスト送信です!

<BR><BR>

 <img style='display:block; ' id='base64image'
       src='data:image/jpeg;base64, %Base64Text%' />

<BR><BR>

<BR>タグはHTMLにおいて改行を意味するタグです。PADで「HTML」を有効化すると改行タグ(あるいはブロックタグ)を使わないと改行できないので注意してくださいね。imgタグに「ファイルをBase64に変換する」アクションの戻り値である%Base64Text%を使用しています。

STEP
フローを実行してみます。
Power automate for desktop Base64

フローを実行してメールを確認してみます。今回はテストとして自分自身にメールを送ってみました。メールを確認してみると画像付きメールの受信が確認できるかと思います。

画像サイズを調整するには?

imgタグに直接インラインCSSを使って指定すれば調整できます。(例:width:100pxなど。)

Teamsにローカルの画像サイズを送信する方法!

じょじお

Teamsにもメッセージ本文に画像ファイル付きメッセージを送信してみます!

STEP
手順を確認します。

PADからメッセージを送信する方法はいくつかありますが、今回はTeamsの各チャネルが持つメールアドレスにメール送信してTeamsにメッセージを送信します。

方法は、先程Outlookメールに送信したフローと全く同じで、「Outlookからのメールメッセージの送信」アクションの宛先メールアドレスをTeamsのチャネルのメールアドレスにするだけです。

STEP
Teamsのチャネルのメールアドレスを確認します。

▲送信したいTeamsのチャネルのメールアドレスをゲットします。取得方法は上の記事で紹介していますので参考にしてください。

STEP
フローを作成します。
Power automate for desktop Base64

▲フローの作成手順は先程Outlook宛てに作成したフローと同じです。「Outlookからのメールメッセージの送信」アクションの宛先をTeamsのチャネルのメールアドレスにします。「本文HTMLです」のチェックオンも忘れないようにしてください。

STEP
フローを実行してみます。
Power automate for desktop Base64 teams

フローを実行してみます。ターゲットにしたTeamsのチャネルで、画像付きメッセージを受信できれば成功です。

Teamsに埋め込める画像サイズは?

Teamsの場合、画像サイズをかなり小さくしないと表示できません。(クリックすれば表示することはできます。)こちらでテストした結果20KB前後が表示できる最大サイズのようです。

Power automate for desktop Base64

▲画像サイズが大きいときの表示。

メールアプリによっては画像を表示できません。

受信アプリによっては画像を表示できないことがありますので注意してください。例えば下記のアプリでは画像ファイルを表示できませんでした。

  • スマホ版Teams
  • Gmail

2022年2月に追加されたその他の新機能

関連記事

まとめ

じょじお

以上、Base64を使ってメール本文に画像挿入する方法についてご紹介しました!

じょじお

PADのフローの中でWebのスクリーンショットを取ってメールの本文にその画像を埋め込んで送信するなど、いくつか使うシーンはあるのではないかと思いました。

ぽこがみさま

このブログではRPA・ノーコードツール・VBA/GAS/Pythonを使った業務効率化などについて発信しています。
参考になりましたらブックマーク登録お願いします!

Power Automate学習教材

Power AutomateをKindleで学びたい方はコチラ

▲Kindleと紙媒体両方提供されています。デスクトップフロー、クラウドフロー両方の解説がある書籍です。解説の割合としてはデスクトップフロー7割・クラウドフロー3割程度の比率となっています。両者の概要をざっくり理解するのにオススメです。

Power Automate for Desktopの基本をしっかり学習するのにオススメです。RPA界隈では有名なRPAエンジニア集団である『ロボ研』さんが監修されている解説書です。テスト用の業務Webシステム/デスクトップ業務アプリを使いながら実践形式で学習できる点が一番のメリットかなぁと思います。

Power Automate クラウドフローの入門書です。日本語の解説書は数少ないのでレアかと思います。変数の解説から代表的なアクションの解説がされているので初心者におすすめの本です。

Microsoft 365/ Power Automate / Power Platform / Google Apps Script…

Power Automateを動画で学びたい方はコチラ

▲Udemyで数少ないPower Automateクラウドフローを主題にした講座です。セール時は90%OFF(1200円~2000円弱)の価格になります頻繁にセールを実施しているので絶対にセール時に購入してくださいね。満足がいかなければ返金保証制度がありますので安心してご購入いただけます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてくれたらウレシイ(·:゚д゚:·)
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる