デスクワークを超絶快適にするおすすめギアたち詳しく見る

PADのDatatable型変数の新プロパティ「ColumnHeadersRow」を比較してみた。

ぽこがみさま

この記事には以下を書きます。

  • 2022年2月に追加されたDatatable型変数の新プロパティ「ColumnHeadersRow」の概要がわかる。
  • 元来から存在する「Columns」プロパティと新プロパティ「ColumnHeadersRow」の違いがわかる。
  • 「ColumnHeadersRow」のメリット・活用シーンがわかる。
目次

Datatable型変数の「ColumnHeadersRow」プロパティとは?

ColumnHeadersRow」プロパティとは2022年2月のアプデで追加されたDatatable型変数の新しいプロパティです。表のヘッダー(列名)にアクセスできるプロパティということですが、列名を格納するプロパティって「headers」プロパティがあるじゃん。と思ったので2つの違いについて比較してみました。

まず、ColumnHeadersRowプロパティの解説を見てみます。公式ブログ記事内には以下の記載がありました。

In every datatable variable, there is now a new property of datarow type, called ‘ColumnHeadersRow’, which holds the column names of the said table. This will enable writing these column headers in a row (for example, in Excel) in an easy and straightforward way, rather than relying on the existing ‘Columns’ property, which returns the column headers in the form of a list.
(以下Deepl翻訳)すべてのdatatable変数に、’ColumnHeadersRow’というdatarow型の新しいプロパティが追加され、当該テーブルの列名を保持するようになりました。これにより、列ヘッダをリストの形で返す既存の ‘Columns’ プロパティに依存するのではなく、簡単かつ単純な方法で、これらの列ヘッダを行(例えば、Excel)に書き込むことができるようになります。

引用:Power Automate Blog

上記の解説にあるように従来のColumnsプロパティはリスト変数でした。しかしColumnHeadersRowは違うようです。じゃあなんなのでしょう。次の項で実際にExcel表を読み込んで2つを比較してみましょう!

ColumnHeadersRowプロパティとColumnsプロパティの違い。

結論から書きますと2つのプロパティの違いはデータ型です。従来のColumnsプロパティはリスト型でしたので縦方向にデータを格納していました。新しいColumnHeadersRowは名前のとおり横方向にデータが格納されています。

ColumnHeadersRowプロパティColumnsプロパティ
データ型Datarow型リスト型
Datatable型変数の「ColumnHeadersRow」プロパティ
Columnsプロパティ(リスト型)
Datatable型変数の「ColumnHeadersRow」プロパティ
ColumnHeadersRowプロパティ(Datarow型)

「ColumnHeadersRow」プロパティは何がメリットなの?

Excelへの書き込みが楽になりました。

ColumnHeadersRowは横方向、Columnsプロパティは縦方向・・・だからなんなの?って思われる方もいらっしゃるかと思いますが、DatatableをExcelに書き込むときってそのままダンプしてもヘッダー(列名)は出力してくれないんですよね。下図みたいに1行目に列名がないです。

Datatable型変数の「ColumnHeadersRow」プロパティ

なので列名が欲しい場合は列名を個別に書き込む処理が必要になるのですが、従来のColumnsプロパティは例えばA1セルを基準に出力すると下図みたいに縦方向にデータが出力されてしまうので、ループ処理の中で1セルずつ書き込む必要があり面倒でした。

Datatable型変数の「ColumnHeadersRow」プロパティ
Columnsプロパティの一括出力の例

それが、「ColumnHeadersRow」プロパティであればA1を基準にしてワンアクション横方向に出力できるのでとても簡単になりました。(下図)

Datatable型変数の「ColumnHeadersRow」プロパティ

(補足)Excelに出力した時の違い

STEP
ExcelファイルをPADで読み込んでDatatable変数に格納します。
Datatable型変数の「ColumnHeadersRow」プロパティ

▲ダミーExcelデータを用意します。

Datatable型変数の「ColumnHeadersRow」プロパティ

▲ダミーExcelデータをPower Automate for desktopで読み込みます。

STEP
Datatable型変数の「ColumnHeadersRow」プロパティ

▲ColumnHeadersRowプロパティを変数に格納します。(プロパティへのアクセス方法は「変数名.プロパティ名」を記述します。)

%ExcelData.ColumnHeadersRow%

Datatable型変数の「ColumnHeadersRow」プロパティ

▲Columnsプロパティを変数に格納します。(プロパティへのアクセス方法は「変数名.プロパティ名」を記述します。)

%ExcelData.Columns%

STEP
ColumnsプロパティをExcelに書き込みます。
Datatable型変数の「ColumnHeadersRow」プロパティ
Datatable型変数の「ColumnHeadersRow」プロパティ

▲書き込み結果です。行方向に書き込まれました。

STEP
ColumnHeadersRowをExcelに書き込みます。
Datatable型変数の「ColumnHeadersRow」プロパティ
Datatable型変数の「ColumnHeadersRow」プロパティ

▲列方向に書き込まれました。

2022年2月 PADのその他のアプデ情報

2022年2月のアプデ情報

2022年2月のアプデでは、いくつか大きな追加がありました。前回の記事ではその中のひとつ「Base64アクション」を紹介しています。ローカルPCの画像をメール本文中やTeamsメッセージ内に挿入する方法です。ご興味があればあわせてご覧ください。

関連記事

まとめ

じょじお

以上、Datatable型変数の新プロパティ「ColumnHeadersRow」について紹介しました。

ぽこがみさま

このブログではRPA・ノーコードツール・VBA/GAS/Pythonを使った業務効率化などについて発信しています。
参考になりましたらブックマーク登録お願いします!

Power Automate学習教材

Power AutomateをKindleで学びたい方はコチラ

▲Kindleと紙媒体両方提供されています。デスクトップフロー、クラウドフロー両方の解説がある書籍です。解説の割合としてはデスクトップフロー7割・クラウドフロー3割程度の比率となっています。両者の概要をざっくり理解するのにオススメです。

Power Automate for Desktopの基本をしっかり学習するのにオススメです。RPA界隈では有名なRPAエンジニア集団である『ロボ研』さんが監修されている解説書です。テスト用の業務Webシステム/デスクトップ業務アプリを使いながら実践形式で学習できる点が一番のメリットかなぁと思います。

Power Automate クラウドフローの入門書です。日本語の解説書は数少ないのでレアかと思います。変数の解説から代表的なアクションの解説がされているので初心者におすすめの本です。

Microsoft 365/ Power Automate / Power Platform / Google Apps Script…

Power Automateを動画で学びたい方はコチラ

▲Udemyで数少ないPower Automateクラウドフローを主題にした講座です。セール時は90%OFF(1200円~2000円弱)の価格になります頻繁にセールを実施しているので絶対にセール時に購入してくださいね。満足がいかなければ返金保証制度がありますので安心してご購入いただけます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてくれたらウレシイ(·:゚д゚:·)
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる