デスクワークを超絶快適にするおすすめギアたち詳しく見る

PADでOutlookメール本文にExcel表を貼り付ける方法!

この記事でわかること。

  • Power Automate Desktopを使ってOutlookにメールを送信する方法がわかる。
  • OutlookにExcel表(HTMLテーブル)を貼り付ける方法がわかる。
目次

PADでExcel表をメールに張り付ける方法は?

じょじお

以前の記事でExcelをメールに添付する方法を紹介しました。しかし、メール本文にExcelの表データを挿入したいときもあるかと思います。

ぽこがみさま

この記事ではその方法についてご紹介します。

Datatable(ExcelData)型変数をそのままメールに張り付けてもダメでした。

Power Automate for desktop

▲Power Automate DatatableでExcelを読み込むとDatatable型の変数が生成されます。まず思いつくのはDatatableを直接メール本文に挿入する方法ですが、この方法では表組みにはなりません。もちろんHTML形式のメールとして送信しています。

(解決策)DatatableからHTMLテーブルを作成します。

一つの方法として、Datatableデータをもとに、HTMLタグを使ってHTMLテーブルを表現する方法を思いつきました。HTMLテーブルは下図のように<table>タグなどを使って表現します。

HTMLテーブルの例
htmlの表組み
HTMLテーブルのHTMLソース
<table width="50%" cellpadding="0" cellspacing="0" border="1">
    <thead>
        <tr bgcolor="#eeeeee">
            <th>ヘッダーA列</th>
            <th>ヘッダーB列</th>
            <th>ヘッダーC列</th>
        </tr>
    </thead>

    <tbody>
        <tr>
            <td>1行目A列</td>
            <td>1行目B列</td>
            <td>1行目C列</td>
        </tr>
        <tr>
            <td>2行目A列</td>
            <td>2行目B列</td>
            <td>2行目C列</td>
        </tr>
    </tbody>
</table>

HTMLがよくわかりません!

HTMLわからないという方は下記のサルワカさんの記事がわかりやすいです。HTMLを全部理解するのは大変ですが下記の記事だけ読めばとりあえずHTMLで表組する方法はなんとなくわかるかと思います。

Power Automate Datatableフローの作成手順

作成するフローの完成図

じょじお

図は作成するフローの完成図です。使用したアクションは16個です。

Power Automate for desktop
Power Automate for desktop
Power Automate for desktop

フロー作成手順

STEP
使用するExcelファイルとゴール確認をします。
Power Automate for desktop

今回使用するのはこちらのダミーデータが表形式で記録されたExcelデータです。この表をメール本文に挿入してメール送信することを今回のゴールとします。

STEP
Power Automate for desktopを起動して新規フローを作成します。
STEP
Excelを読み込むフローを作成します。
Power Automate for desktop

▲Excelを読み込む際のおきまりのアクションを追加します。(3行目まで)

個々のアクションの詳しい解説は下記の記事で紹介していますのでよくわからない方はそちらをご覧ください。

STEP
For Eachアクションを追加します。
Power Automate for desktop
  • 反復処理を行う値:%ExcelData%
  • 保存先:%rowData%

このアクションを挿入すると「End」アクションも自動的に挿入されます。

STEP
For Eachアクションを追加します。(2個目)
Power Automate for desktop
  • 反復処理を行う値:%rowData%
  • 保存先:%cellData%

このアクションを挿入すると「End」アクションも自動的に挿入されます。

STEP
「変数の設定」アクションを追加します。
Power Automate for desktop
Power Automate for desktop
  • 設定:%HtmlTableRow%
  • 宛先:別記
%HtmlTableRow + '<td>' + cellData + '</td>'%
じょじお

すべてのセルのデータを「<td>セルデータ</td>」のようにtdタグを付けてます。

STEP
「変数の設定」アクションを追加します。
Power Automate for desktop
Power Automate for desktop
  • 設定:%HtmlTable%
  • 宛先:別記
%HtmlTable + '<tr>' + HtmlTableRow + '</tr>'%
じょじお

行ごとのデータに「<tr>セルデータ</tr>」のようにtrタグを付けてます。

STEP
「変数の設定」アクションを追加します。
Power Automate for desktop
Power Automate for desktop
  • 設定:%HtmlTableRow%
  • 宛先:%””%
じょじお

行データを入れる変数HtmlTableRowを1行ごと処理がおわるごとに一旦空っぽにしてます。%%で””(空文字列)を囲んで挿入すると空っぽにできます。

STEP
「For each」アクションを追加します。
Power Automate for desktop
Power Automate for desktop
  • 反復処理を行う値:%ExcelData.Columns%
  • 保存先:%header%
じょじお

%ExcelData.Columns%はDatatableのプロパティでヘッダー(列名)を取得することができます。

STEP
「変数の設定」アクションを追加します。
Power Automate for desktop
Power Automate for desktop
  • 設定:%HtmlTableHeader%
  • 宛先:下記
%HtmlTableHeader + '<th>' + header + '</th>'%
STEP
「変数の設定」アクションを追加します。
Power Automate for desktop
Power Automate for desktop
%'<table width=\"100%\" cellpadding=\"0\" cellspacing=\"0\" border=\"1\" >' + '<thead><tr bgcolor=\"#eeeeee\">' + HtmlTableHeader + '</tr></thead>' + HtmlTable + '</table>'%

ちょっとわかりずらいかと思いますが、HTMLテーブルをメールに渡す場合、CSSで装飾しておかないと表の枠線ですら描画してくれないのでwidth(表の幅)やBorder(枠線の太さ)、bgcolor(表の背景色)を指定しておかなければいけません。

例えばwidth=”100%”と指定するとき、PADでは文字列としてダブルクォーテーションを使用するときは\"100%\"のようにダブルクォーテーションの前にバックスラッシュ(あるいは¥マーク)を入力する必要があります。

ダブルクォーテーションを文字列として使うときはバックスラッシュを使う!

STEP
「Outlookを起動します」アクションを追加します。
Power Automate for desktop
STEP
「Outlookからのメールメッセージの送信」アクションを追加します。
Power Automate for desktop
Power Automate for desktop
  • Outlookインスタンス:%OutlookInstance%
  • アカウント:メールアドレスを入力します。
  • メッセージの送信元:アカウント
  • 宛先:宛先メールアドレスを入力します。複数ある場合はセミコロンで区切ります。
  • 件名:テストメールです。
  • 本文:別記
  • 本文はHTMLです:チェックオン
じょじお

かならず「本文はHTMLです」のチェックをオンにしましょう。

〇〇株式会社
<Br>
山田 様
<Br>
<Br>
いつもお世話になっております!
<Br>
ダミーデータを送信します。何卒宜しくお願いいたします。
<Br>
<Br>
%HtmlTable%
<Br>
<Br>
以上

▲メール本文はこちらの内容にしました。

STEP
フロー完成+テスト実行
Power Automate for desktop

フローを実行すると表が挿入されたメールを確認できるかと思います。テストで自分自身のアドレスに送ってみてください。

表の背景色を変更したいときは?

tableタグに使っているbgcolorなどのパラメータを調整してみてください。

Robinソースコード

Excel.LaunchExcel.LaunchAndOpenUnderExistingProcess Path: $'''C:\\Users\\user\\Desktop\\dummydata.xlsx''' Visible: True ReadOnly: True Instance=> ExcelInstance
Excel.ReadFromExcel.ReadAllCells Instance: ExcelInstance ReadAsText: False FirstLineIsHeader: True RangeValue=> ExcelData
Excel.CloseExcel.Close Instance: ExcelInstance
LOOP FOREACH rowData IN ExcelData
    LOOP FOREACH cellData IN rowData
        SET HtmlTableRow TO HtmlTableRow + '<td>' + cellData + '</td>'
    END
    SET HtmlTable TO HtmlTable + '<tr>' + HtmlTableRow + '</tr>'
    SET HtmlTableRow TO $'''%''%'''
END
LOOP FOREACH header IN ExcelData.Columns
    SET HtmlTableHeader TO HtmlTableHeader + '<th>' + header + '</th>'
END
SET HtmlTable TO '<table width=\"100%\" cellpadding=\"0\" cellspacing=\"0\" border=\"1\" >' + '<thead><tr bgcolor=\"#eeeeee\">' + HtmlTableHeader + '</tr></thead>' + HtmlTable + '</table>'
Outlook.Launch Instance=> OutlookInstance
Outlook.SendEmailThroughOutlook.SendEmail Instance: OutlookInstance Account: `` SendTo: `` Subject: $'''テストメールです!''' Body: $'''〇〇株式会社
<Br>
山田 様
<Br>
<Br>
いつもお世話になっております!
<Br>
ダミーデータを送信します。何卒宜しくお願いいたします。
<Br>
<Br>
%HtmlTable%
<Br>
<Br>
以上''' IsBodyHtml: True

▲今回作成したフローのRobinソースコードです。Power Automate for desktopのフローデザイナーにこのまま貼り付けるとここで作成したフローを再現することができます。再利用するときはメールアドレスやExcelファイルなどのパラメータを調整して作成してください。

Excelの表を抽出してからメールに挿入したい。

▲Excel表を挿入するときに、Excel表をそのまま挿入するのではなく行のフィルタをするときは上の記事が参考になるかと思います。

関連記事

まとめ

じょじお

以上、Excel表データをメールに挿入する方法についてご紹介しました!

ぽこがみさま

このブログではRPA・ノーコードツール・VBA/GAS/Pythonを使った業務効率化などについて発信しています。
参考になりましたらブックマーク登録お願いします!

Power Automate学習教材

Power AutomateをKindleで学びたい方はコチラ

▲Kindleと紙媒体両方提供されています。デスクトップフロー、クラウドフロー両方の解説がある書籍です。解説の割合としてはデスクトップフロー7割・クラウドフロー3割程度の比率となっています。両者の概要をざっくり理解するのにオススメです。

Power Automate for Desktopの基本をしっかり学習するのにオススメです。RPA界隈では有名なRPAエンジニア集団である『ロボ研』さんが監修されている解説書です。テスト用の業務Webシステム/デスクトップ業務アプリを使いながら実践形式で学習できる点が一番のメリットかなぁと思います。

Power Automate クラウドフローの入門書です。日本語の解説書は数少ないのでレアかと思います。変数の解説から代表的なアクションの解説がされているので初心者におすすめの本です。

Microsoft 365/ Power Automate / Power Platform / Google Apps Script…

Power Automateを動画で学びたい方はコチラ

▲Udemyで数少ないPower Automateクラウドフローを主題にした講座です。セール時は90%OFF(1200円~2000円弱)の価格になります頻繁にセールを実施しているので絶対にセール時に購入してくださいね。満足がいかなければ返金保証制度がありますので安心してご購入いただけます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてくれたらウレシイ(·:゚д゚:·)
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる