リモートワークで導入して良かったツール詳しく見る

【PAD】複数のファイルを添付してメールを送信する!

じょじお

この記事では、Power Automate for Desktop(以下:PAD)で、特定のフォルダ内の複数のファイルを添付してメールを送信する方法について解説します。

目次

作成するPower Automate Desktopフロー

じょじお

3つのアクションだけで作ります。とっても簡単に作成できます。

添付するファイル
C:\Users\user\Desktop\新しいフォルダー

▲今回は[C:\Users\user\Desktop\新しいフォルダー]の中のPDFファイルだけ添付します。

フローの完成品
Power Automate for Desktop

▲今回作成するフローです。

Power Automate Desktopフローを作成する

STEP
左側アクションペインから「フォルダー内のファイルを取得」アクションを追加します。
Power Automate for Desktop フォルダ―内のファイルを取得

▲左側のアクションペインから、[フォルダ]の中の[フォルダ内のファイルを取得]アクションをドラッグ&ドロップして一番上に追加します。

Power Automate for Desktop フォルダ―内のファイルを取得

▲パラメータを入力します。

  1. フォルダ:メールに添付したいファイルが保存されているフォルダをしてください。私はC:\Users\user\Desktop\新しいフォルダーと入力します。
  2. ファイルフィルター:取得するファイルにフィルターをかけることができます。私はPDFファイルだけを取得したいので[*.pdf]と入力しました。
[*(アスタリスク)]はワイルドカードです。ワイルドカードはどんな文字列が何文字きてもかまいませんよ、という意味になります。つまり [*.pdf] は、「ファイル名は問わないけど拡張子は.pdfのファイル」という意味になり、フォルダ内のすべてのPDFファイルを取得することができます。

じょじお

このアクションでは%Files%という変数が作成され、ファイルの一覧はそこに格納されます。

ファイルフィルターについて

ファイルフィルターに使用できる記号

じょじお

ファイルフィルターは*(アスタリスク)?(はてなマーク)を使って表現します。少し難しく感じるかもしれませんが、色々試してみて慣れてください。

記号意味
任意の0文字以上の文字列
任意の0文字~1文字の文字列
ファイルフィルターに使用できる記号

ファイルフィルターの使い方とサンプル

じょじお

下記のテストフォルダをサンプルとしてファイルフィルタの使用してファイルを取得する例をいくつか紹介します!

  • テストフォルダ
    • Document.docx
    • Documents.docx
    • Documents_2021-11-12.docx
    • Documents.xlsx
    • test.xlsx
ファイルフィルターの例マッチするファイルの例マッチしないファイルの例
すべてのファイルなし
Document?.docxDocument.docx
Documents.docx
Documents_2021-11-12.docx
Documents.xlsx
test.xlsx
Document*.docxDocument.docx
Documents.docx
Documents_2021-11-12.docx
Documents.xlsx
test.xlsx
Document*Document.docx
Documents.docx
Documents_2021-11-12.docx
Documents.xlsx
test.xlsx
*.xlsxDocuments.xlsx
test.xlsx
Document.docx
Documents.docx
Documents_2021-11-12.docx
Document?なしすべてのファイル
ファイルフィルターの使用例
STEP
左側アクションペインから「Outlookを起動します」アクションを追加します。
Power Automate for Desktop Outlook を起動します

▲左側のアクションペインから、[Outlook]の中の[Outlookを起動します]アクションをドラッグ&ドロップで追加します。

Power Automate for Desktop Outlookを起動します

▲今回はこのアクションのパラメータは編集せず、デフォルトのまま使用します。このアクションで起動したOutlookは、自動生成される%OutlookIntance%というインスタンス変数に格納されます。Outlookからメール送信する際にはこのインスタンス変数に指示を送りますので変数の名前を憶えておいてくださいね。

STEP
左側アクションペインから「Outlookからのメールメッセージの送信」アクションを追加します。
Power Automate for Desktop Outlookからのメールメッセージの送信

▲左側のアクションペインから、[Outlook]の中の[Outlookからメールメッセージの送信]アクションをドラッグ&ドロップして一番上に追加します。

  1. Outlookインスタンス:%OutlookInstance%(STEP2で起動したOutlookが格納されているインスタンス変数を指定
  2. アカウント:送信元メールアドレスを入力します。
  3. 宛先:宛先メールアドレスを入力します。
  4. 件名:メールの件名を入力します。
  5. 本文:メールの本文を入力します。
  6. 添付ファイル:%Files%(STEP1の「フォルダー内のファイルを取得」アクションの変数)

※今回はテストのために送信元と宛先アドレスを自分自身の同一のアドレスにしています。

STEP
以上でPADのフロー作成は完成です。

フローをテストしてみよう!

じょじお

フローが作成できたのでテストしていきます!

STEP
「アクションごとに実行」を2回クリックします。
「アクションごとに実行」

テストの際は「アクションごとに実行」を使いましょう。「アクションごとに実行」は、アクションをひとつずつ実行することができます。各アクションの正常動作を確認するのに便利です。

1回クリックすると「アクションごとに実行」モードになり、もう一度クリックすると1番目のアクションが実行されます。

テストは「アクションごとに実行」ボタンで行う。(ステップ実行と呼ぶこともあります。)

STEP
Files変数の中身を確認します。

2回クリックすると最初のアクション「フォルダー内のファイルを取得」が実行されてFiles変数に格納されます。正常に取得できたかFiles変数の中身を確認してみましょう。変数を確認するには画面の右側の変数ペインを確認します。 

フロー変数

▲右側変数ペインにある「Files」をダブルクリックします。

▲アクションの実行によって取得したファイルが表示されます。確認すると図のようにPDFファイルのみが正常に取得出来ていることが分かりました。

もし、Files変数の中身に何も表示されていなかったり、狙ったファイル以外のファイルが含まれていたりする場合は「フォルダー内のファイルを取得」アクションのファイルフィルターの設定が誤っている可能性があります。「アクションごとに実行」を停止してファイルフィルターの設定を確認してみてください。「アクションごとに実行」を停止するには画面上部の「□(停止ボタン)」をクリックします。

Files変数について

Files変数はリスト型の変数です。リストと呼んだりもします。リスト型変数は下記の記事でざっくり解説していますのでよろしければご覧ください。

STEP
「アクションごとに実行」をもう一度クリックします。

もう一度クリックすると2番目のアクション「Outlookを起動します」が実行されます。Outlookが起動したら成功です。

STEP
「アクションごとに実行」をもう一度クリックします。

もう一度クリックすると3番目のアクション「Outlookからのメールメッセージの送信」が実行されます。Outlookからメールが送信されます。宛先メールのメールボックスを確認してメールが届いているか確認してみてください。

受信したOutlookメール

まとめ

じょじお

以上で、Outlookに添付ファイルを付けてメール送信する方法について解説しました。

ぽこがみさま

今回はFilesというリスト型変数を扱いました。次の記事ではこのリスト型変数の中にファイルを追加したり削除したり、もう少し詳しく解説したいと思います。

ノンプログラマーでも自動化スキルを身につける。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる