デスクワークを超絶快適にするおすすめギアたち詳しく見る

階層構造の複数のフォルダをワンアクションで作成する方法!

目次

「フォルダの作成」アクション

「フォルダの作成」アクションとは?

フォルダの作成」アクションは、名前のとおりフォルダを新しく作成するアクションです。

サブフォルダーを1回の実行で作成する方法は?

本来は1回の実行で1つフォルダーを作成するアクションですが、フォルダー名に¥/パス区切り文字を使うことでサブフォルダーを含めた複数のフォルダーを同時に作成することができます。

サブフォルダーはフォルダーの中のフォルダーのことです。

パス区切りを使ってフォルダ名を指定する例

  • folder1\folder2\folder3
  • folder1/folder2/folder3

上記の例では、forlder1フォルダーが新規作成され、その中にfolder2、さらにその中にfolder3と、フォルダーが3つ作成されます。

サブフォルダーの作成方法

ぽこがみさま

実際にフローを作成して動作を確かめてみたいと思います!

STEP
Power Automate for desktopを起動して新規フローを作成します。
STEP
フォルダーの作成アクションを追加します。
Power Automate for desktop フォルダ―の作成

▲「フォルダー」グループの中の「フォルダーの作成」アクションを追加します。

▲パラメータを入力します。

  • 新しいフォルダーを次の場所に作成:パスを指定します。ここではC:\Users/user/Desktopとします。
  • 新しいフォルダー名:あいうえお\かきくけこ\さしすせそ

サブフォルダーを含めてフォルダを作成するには¥/を使います。

パス区切りを使ってフォルダ名を指定する例

  • folder1\folder2\folder3
  • folder1/folder2/folder3
STEP
フローを実行して、フォルダーを確認しましょう。

▲フローを実行すると「あいうえお」というフォルダーの中にサブフォルダーを作成することができました。

まとめ

じょじお

以上、サブフォルダーを含めてフォルダーを作成する方法について学習しました。

ぽこがみさま

このブログではRPA・ノーコードツール・VBA/GAS/Pythonを使った業務効率化などについて発信しています。
参考になりましたらブックマーク登録お願いします!

Power Automate学習教材

Power AutomateをKindleで学びたい方はコチラ

▲Kindleと紙媒体両方提供されています。デスクトップフロー、クラウドフロー両方の解説がある書籍です。解説の割合としてはデスクトップフロー7割・クラウドフロー3割程度の比率となっています。両者の概要をざっくり理解するのにオススメです。

Power Automate for Desktopの基本をしっかり学習するのにオススメです。RPA界隈では有名なRPAエンジニア集団である『ロボ研』さんが監修されている解説書です。テスト用の業務Webシステム/デスクトップ業務アプリを使いながら実践形式で学習できる点が一番のメリットかなぁと思います。

Power Automate クラウドフローの入門書です。日本語の解説書は数少ないのでレアかと思います。変数の解説から代表的なアクションの解説がされているので初心者におすすめの本です。

Microsoft 365/ Power Automate / Power Platform / Google Apps Script…

Power Automateを動画で学びたい方はコチラ

▲Udemyで数少ないPower Automateクラウドフローを主題にした講座です。セール時は90%OFF(1200円~2000円弱)の価格になります頻繁にセールを実施しているので絶対にセール時に購入してくださいね。満足がいかなければ返金保証制度がありますので安心してご購入いただけます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてくれたらウレシイ(·:゚д゚:·)
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる