デスクワークを超絶快適にするおすすめギアたち詳しく見る

Power Automateで256行より大きいExcelファイルを扱う方法!

目次

Excelコネクタの256行の問題

Power Automateで、Excelコネクタの「表内に存在する行を一覧表示」アクションを使うと、デフォルトでは256行分のExcelデータしか取得することができません。

じょじお

256行より行数の多いExcelファイルを扱うにはアクションの設定を編集する必要があるんだよね。

ぽこがみさま

そうだにゃ。この記事ではPower Automateで256行以上のExcelファイルを扱う方法について解説していくにゃ~

本当に256行までのExcelデータしか取得できないのか?

じょじお

まず、本当に256行以上のExcelファイルのデータを取得できないのかテストしてみました。

テスト用のExcelデータ

テスト用Excelデータ
テスト用のダミーExcelデータ(dummyDataTable.xlsx)

5500行のExcelデータでテストしてみます。

テスト用のフロー

じょじお

まず、本当に256行以上のExcelファイルのデータを取得できないのかテストしてみました。

テスト用Power automateフロー

処理の流れ

  1. Excelコネクタの「表内に存在する行を一覧表示」アクションを使ってテスト用のExcelファイルのデータを全行取得します。
  2. 「Apply to Each」を使って、1で取得したExcelデータの件数分ループします。ループ処理の中には検証用に「作成」アクションに現在の行を入力しています。(ループの中の処理はなんでもかまいません。)
じょじお

Apply to eachループは、Excelデータを全行取得できれば行数分の5500回ループしてくれる想定です。

テストフローの実行結果

Apply to eachの実行ログを確認してみる

Power automate
じょじお

テスト用フローを実行してみました。実行ログを見てみると、Apply to eachは256回しかループしていませんでした。(上図参照)

Excel「表内に存在する行を一覧表示」の実行ログを確認してみる

じょじお

念の為、Excelのデータ取得部分のアクションの実行ログも見てみましょう。

STEP
実行ログを開きExcel「表内に存在する行を一覧表示」アクションをクリックします。
Power automate
STEP
「クリックしてダウンロード」をクリックします。
Power automate
STEP
ブラウザの新規タブでアクションで取得したデータが表示されますので検証してみます。
Power automateのJSONデータ

取得したデータを一番したまでスクロールして、一番下のペイロードを見てみましょう。id列の値が”id-000000256”のデータが一番最後のデータとなっていました。テスト用のExcelファイルのID列は1から連番で振っていましたので、256行目のデータまでしか取得できていないことが分かりました。

Excelコネクタの「表内に存在する行を一覧表示」アクションは、デフォルトでは256行のデータしか取得しない。

256行より大きいExcelファイルを扱う方法は?

256行より大きいExcelファイルを扱う場合は、「表内に存在する行を一覧表示」アクションの改ページ(Pagenation)の有効化しきい値を256より大きい数値に設定します。

(STEP1)しきい値の変更設定の手順

じょじお

下記が、改ページとしきい値の設定方法の手順です。

STEP
Excel「表内に存在する行を一覧表示」アクションの右上の三点リーダーをクリックします。
表内に存在する行を一行表示アクション
STEP
メニューの中の「設定」をクリックします。
Power automateの改ページ
STEP
設定項目の中の改ページとしきい値の設定をします。
Power automate Excel 改ページ
  • 改ページ:オンにします。
  • しきい値:Excelのデータ件数(行数)より大きい数値にします。

改ページ(Pagenation)をオンにしないと、しきい値を256より大きい数値にしても256行以上のデータを取得することはできません。必ずオンにするように注意してください。

(STEP2)しきい値設定後のテスト結果の確認

もう一度テスト実行すると256回以上、Apply to eachループがまわりました。Excelのデータを全行取得できたことが確認できました。

ExcelはMAX何行のファイルまで扱えるの?

Power automate 改ページとしきい値
しきい値のディスクリプション

しきい値のディスクリプション(上図)には「しきい値は0より大きく、100000以下の数字でなければなりません。」と表示されています。設定できる数値の上限値は100,000のようです。このことから取り扱えるExcelファイルの行数は10万行ということがわかりました。

Excelコネクタで利用可能なExcelファイルの行数の上限値は10万行です。

Excelの行数による処理時間の比較
Excelの行数1回目の時間2回目の時間3回目の時間
256行00:0100:0100:01
5,500行00:3100:3400:36
100,000行10:0510:2810:50
Excelの行数による処理時間の比較表

※表内の時間は、「表内に存在する行を一覧表示」アクション単体にかかった時間です。

じょじお

10万行のExcelのデータの取得を3回実行してみました。平均10分程度の時間がかかりました。

Excelコネクタのその他の制約と注意点

Excelコネクタには行数の上限値以外にもファイルサイズはmax25MBまでだったり、列数はmax500列だったりと制約があります。詳細は公式のドキュメントをご確認お願いします。

まとめ

じょじお

以上、Power AutomateのExcelコネクタで256行より大きいExcelファイルを扱う方法について解説しました。

まとめ

  • Power Automateの「表内に存在する行を一覧表示」アクションは、デフォルトでは256行までしか取得しない。
  • 256行より大きいExcelファイルを扱う場合は、「表内に存在する行を一覧表示」アクションの改ページ(Pagenation)の有効化しきい値を256より大きい数値に設定する。

Power Automate学習教材

Power AutomateをKindleで学びたい方はコチラ

▲Kindleと紙媒体両方提供されています。デスクトップフロー、クラウドフロー両方の解説がある書籍です。解説の割合としてはデスクトップフロー7割・クラウドフロー3割程度の比率となっています。両者の概要をざっくり理解するのにオススメです。

Power Automate for Desktopの基本をしっかり学習するのにオススメです。RPA界隈では有名なRPAエンジニア集団である『ロボ研』さんが監修されている解説書です。テスト用の業務Webシステム/デスクトップ業務アプリを使いながら実践形式で学習できる点が一番のメリットかなぁと思います。

Power Automate クラウドフローの入門書です。日本語の解説書は数少ないのでレアかと思います。変数の解説から代表的なアクションの解説がされているので初心者におすすめの本です。

Microsoft 365/ Power Automate / Power Platform / Google Apps Script…

Power Automateを動画で学びたい方はコチラ

▲Udemyで数少ないPower Automateクラウドフローを主題にした講座です。セール時は90%OFF(1200円~2000円弱)の価格になります頻繁にセールを実施しているので絶対にセール時に購入してくださいね。満足がいかなければ返金保証制度がありますので安心してご購入いただけます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてくれたらウレシイ(·:゚д゚:·)
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる