デスクワークを超絶快適にするおすすめギアたち

Excel 24時以降の時間をExcelで表示させる書式設定!

この記事でわかること!

  • 24 時間を超える時間を入力して表示する方法(例:26:30)
  • 60分を超えるを入力して表示する方法(例:72:00)
目次

24時を過ぎる時間を入力したい。

じょじお

Excelに24時間を超える時間を入力しても、思うように表示してくれないときがあります。

▲たとえば退勤時間などを記録するケースで、深夜1時に退勤した場合、25:00と入力したいケースがあるかと思いますが、1:00と表示されてしまうことがあります。この表示方法は書式設定によるものです。25:00と表示させるには書式設定を変更する必要があります。

ぽこがみさま

次のステップで書式設定を変更してみましょう!

書式設定の変更方法

STEP
セルの書式設定を開きます。

▲書式を変更する列を選択(単一セルのみの書式を変更する場合は単一セルを選択)して右クリックメニューを表示させ「セルの書式設定」をクリックします。

STEP
書式を変更します。
Excelの24時を超える時間の書式設定

▲分類の中から「ユーザー定義」を選択して「[h]:mm」と入力します。

24時間を超える時間を表示する方法!
[h]:mm

STEP
表示を確認します。
Excelの24時を超える時間の書式設定

▲25:00と表示させることができました。

60分や60秒を超える時間の書式は?

時間の経過に関する書式設定

24時間の他に、60分を超える分を入力する場合や、60秒を超える秒を入力する場合には下表の書式が便利です。

書式説明
[h]:mm24 時間を超える時間の合計を表示します。
[mm]:ss60 分を超える分の合計を表示します。

60 秒を超える秒の合計を表示します。
Excelの時間の経過の書式

Excel のセルの表示形式で [ユーザー定義] に使用できる書式記号について

まとめ

じょじお

Excelで24時間を超える時間の表示・入力方法について紹介しました。

ぽこがみさま

このブログではRPA・ノーコードツール・VBA/GAS/Pythonを使った業務効率化などについて発信しています。
参考になりましたらブックマーク登録お願いします!

Excel時短・VBAのおすすめ書籍

Excel・Wordの基本的な使い方についての初心者向けの解説書です。かなり細かく丁寧に解説されています。著者の方のYouTubeチャンネルも併せて観るとより理解が深まるかと思います。

▲「Excel作業を自動化したいけどVBAはよくわからない・・・」という方でもPower Automate for Desktop(PAD)なら簡単に自動化できるかもしれません。PADは、Windows11にも公式搭載されたMicrosoftのRPAソフトウェアです。本書はPADでExcelなどのパソコン操作全般の自動化の基本がわかりやすく解説されています。

▲「Excel VBAの教科書」というとおりVBAの開き方から解説してるのですが網羅度が半端なくて満足感が高いです。(クラスモジュール・ユーザーフォーム・外部データ取り込み・JSON・Power Queryなど)。JSONやPower Queryは最近のExcelでの使用頻度高いかと思うので個人的にポイント高かったです。網羅度が高いゆえに分厚いです。個人的にVBA書でイチオシ。

お役に立てたらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次