Power Automateを動画で学ぼう!Udemyキャンペーン中

Officeを2019から365にバージョンアップする方法

目次

はじめに

仕事用のPCのOfficeを2019から365に更新したので記録をここに残します。

わたしの環境では、2019と365のライセンス購入を、それぞれ違うMicrosoftアカウントで行っていたので、その点が心配でした。

じょじお

結論として、
2019のアンインストールも、データの移設作業も、必要なく、10分もかからず作業は終わり意外に簡単でした。

Officeバージョンアップ手順(Office2019⇒Office365)

前提条件

次の環境で更新を行いました。

  • Windows10 Pro (Build 19043.1165)
  • Office2019(Outlook、Excel、Word) → Office365 All in one(Outlook、Excel、Word、Power point)

Office2019のアンインストールや、Outlookのバックアップは行わず、インストールしてみます。

手順

▼ブラウザでoffice.comにアクセスし、365ライセンス資格を保有するアカウントでサインインします。

Officeホームページ

▼「こんにちは」画面が表示されたら「Officeのインストール」をクリックします。

Officeインストール

▼プレミアムOfficeアプリをクリックします。

(日本語以外のOfficeをインストールしたい方は↓の「その他のインストールオプション」をクリックしてください。)

ダウンロードボタン

▼インストーラがダウンロードされます。下図はダウンロード中の画面です。

インストール中の画面

▼ダウンロード完了したらファイルをダブルクリックで実行します。

この時、Office製品を開いていると注意されるので事前にExcelやOutlookは閉じておきましょう

ダウンロード完了

▼インストール中の画面が表示されます。下図は完了の画面です。

インストール完了

Microsoftアカウントの切り替え

▼インストール完了とのことなので、Outlookを開いてみると・・・・・・・

outlook2019

あれ?2019の表記のまま・・・。

▼Outlook上部の通知バーに図のようなメッセージがあったので「はい」をクリックしてみます。(画像見づらかったらクリックしてください。拡大表示されます。)

outlook2019

「新規のインストールが検出されました。新しくインストールしたMicrosoft Office365 Businessには現在のバージョンよりも新しい機能があります。新しいインストールをアクティブにしますか?」

▼アカウントの切り替えを求められました。

365のライセンスを持つアカウントが表示されていたので選択して「次へ」をクリックします。

アカウントの切り替え

▼「Officeが更新されました。」というメッセージが表示されました。

メッセージの指示のとおり、Officeアプリケーションをすべて再起動してみます。

Office更新完了

▼(起動中)365の表示になりました。

Outlook365

▼メール設定や、メールやアドレスデータなどは、特に設定しなくても引き継ぎできていました。

Outlook365

ライセンスとOfficeのバージョンの確認

▼「ファイル」をクリックします。

ファイルをクリック

▼「Officeアカウント」をクリックします。

Officeアカウントをクリックします。

▼認証情報を確認します。

アカウントの確認

下記を確認します。

  • Microsoft 365 と表示されているか。
  • 所有者に表示されているMicrosoftアカウントが適切か。

問題なく表示されていたらOfficeのバージョンアップは完了です。

さいごに

この記事が2019から365へ更新を予定される方のお役に立てれば幸いです。

ノンプログラマーでも自動化スキルを身につける。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる