Power Automateを動画で学ぼう!Udemyキャンペーン中

Microsoft365 E5 を 無料で試用する方法(試用版の登録手順)

Power PlatformやOfficeスクリプトの実行環境がない方や、テスト環境を用意したい方、購入前に一度触ってみたい方には、『Office 365 開発者プログラム』の登録が便利でおすすめです。無料でビジネス向けの Office 365 E5を試用することができます。

じょじお

この記事では、「Office 365 開発者プログラム」の概要と使用する方法について解説します。導入は15分ほどの作業となります。

目次

Office 365 開発者プログラムの概要

『 Office 365 開発者プログラム』は、90日間無料でOffice365 E5ライセンスを利用することができます。これには下記が含まれます。

  • Office365のデスクトップアプリケーション
    • Excel、Word、PowerPoint、Yammer等
  • Power Platform環境
    • Power Automate、Power Apps、Power BI
  • 25ユーザライセンス

その他の含まれるサービスはこちらのMicrosoft 365ライセンス情報をご確認ください。『Office 365 開発者プログラム』の詳細はこちらの公式ページをご確認ください。

じょじお

Officeスクリプト(Office Scripts)も使用することができました。

Office 365 開発者プログラムの使用方法

STEP
Office 365開発者プログラムのページにアクセスします。
Microsoft 365開発者プログラム

Office 365 開発者プログラム』にアクセスします。今すぐ開始をクリックします。

STEP
Microsoftアカウントにサインインします。
Microsoft 365開発者プログラム

Microsoftアカウントでサインインします。お持ちでない方は作成します。

Microsoft 365開発者プログラム
STEP
個人情報を入力します。
Microsoft 365開発者プログラム

▲個人情報を入力します。

Microsoft 365開発者プログラム

▲アンケートに答えます。

Microsoft 365開発者プログラム
Microsoft 365開発者プログラム

▲利用登録が完了しました。

STEP
開発用管理アカウントを設定します。
Microsoft 365開発者プログラム

▲管理者用のアカウントを作成します。ここで作成したメールアドレスを開発環境のTeamsやPower Platformで使うことができます。

Microsoft 365開発者プログラム

▲電話認証情報を入力します。

Microsoft 365開発者プログラム
STEP
初期設定が完了しました。
Microsoft 365開発者プログラム

▲サブスクリプションに移動しましょう。

Microsoft 365開発者プログラム

▲このようにアプリ一覧が表示され、テストを開始することができる環境になりました。

Office 365 開発者プログラムにテストユーザをまとめて追加する方法。

ユーザサンプルデータパックのインストール

テストや開発を行う上で、テスト用のアカウントがあると便利です。Office 365 開発者プログラムには、テスト用のサンプルデータパックが用意されています。これを使えば架空のテストアカウントを16人まとめて作成することができる便利なツールなのでインストールしましょう。

じょじお

Teams自動化や、承認フロー系のテストはワンアカウントではテストしずらいので入れておくと便利ですよ!

STEP
ユーザサンプルデータパックをインストールします。
Microsoft 365開発者プログラム

「ユーザ+」をクリックします。

STEP
「次へ」をクリックします。
Microsoft 365開発者プログラム
STEP
認証情報を入力してサインインします。
Microsoft 365開発者プログラム

認証情報を入力します。ここで入力するアカウント情報は、先程作成したテスト環境の管理者アカウント「ユーザ名@ドメイン名.onmicrosoft.com」です。

STEP
サンプルユーザのパスワードを作成します。
Microsoft 365開発者プログラム

サンプルユーザのパスワードを作成します。16人分のアカウントすべて同じパスワードになります。

STEP
アクセス許可を承認します。
Microsoft 365開発者プログラム

必要なアクセス許可情報が表示されるので確認して承認をクリックします。

STEP
ユーザがインストールが開始されます。
Microsoft 365開発者プログラム

▲ユーザがインストール中の画面が表示されます。図のメッセージのように5分ほどかかります。

Microsoft 365開発者プログラム

▲完了するとメールが届きます。

STEP
ユーザを確認します。
管理者センター

▲アクセスします。上図の管理センターのアイコンをクリックするか、こちらからアクセスします。

管理者センター

▲ユーザグループの中のアクティブなユーザをクリックします。

管理者センター

追加されたテストユーザ一覧が確認できます。これらのユーザは先ほど設定したパスワードでTeamsなどのMicrosoft365製品にサインインすることができます。

認証エラーについて

「Office 365 開発者プログラム」のダッシュボードには、Office 365 開発者プログラムを申し込んだアカウントでサインインします。

「Microsoft365」の管理センターや、各種Microsoft365製品には、テスト環境をセットアップした時に作成した「ユーザ名@ドメイン.onmicrosoft.com」でサインインします。

少しややこしいですが、間違えないように注意してください。間違えてアカウントを入力すると下図のようなメッセージが表示されます。

Microsoft 365サインインエラー
サインインのエラー

まとめ

この記事では、「Office 365 開発者プログラム」の概要と使用方法についてご紹介しました。

次の記事ではテスト環境を更に便利に使うために、Sharepointサイトのテスト用データと、Outlookメールのテスト用データのインストール方法について紹介します。

Power Automate学習教材

Power AutomateをKindleで学びたい方はコチラ

▲Power AutomateのKindle書籍です。

▲Kindleと紙媒体両方提供されています。クラウドフローもデスクトップフローも、どちらも自動化したい方におすすめです。

Power Automateを動画で学びたい方はコチラ

▲Udemyで唯一のPower Automateに関する講座です。セール時は1500円~2000円弱の価格になります頻繁にセールを実施しているので絶対にセール時に購入してください。満足がいかなければ返金保証制度がありますので安心してご購入いただけます。

ノンプログラマーでも自動化スキルを身につける。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる