デスクワークを超絶快適にするおすすめギアたち詳しく見る

Microsoftのパスワードポリシーを変更したらフローが失敗した時の対処方法!

この記事でわかること!

  • Power Automateで「操作が必要です」というエラーが表示されたときの原因がわかる。
  • Power Automateで「操作が必要です」というエラーが表示されたときの対処方法がわかる。
  • Power Automateのコネクタの再接続方法がわかる。
目次

ある日、Power Automateにログインしたら警告画面が表示された。

「操作が必要です。」という警告画面

Power automate コネクタの接続方法

▲Power Automateポータル画面にログインしたところ、こんな画面が表示されました。

以下のフローの失敗を防ぐには接続の●●を再認証する必要があります。この原因は組織のパスワード変更やポリシー更新であることが最も一般的です。

Power Automate「操作が必要です」画面
じょじお

どうもこの警告画面によるとクラウドフローが失敗しているようです。

クラウドフローの実行履歴をみてみよう

じょじお

本当にクラウドフローが失敗しているのか、履歴を確認しましょう。

STEP
Power Automateポータル画面にログインします。
STEP
左側メニュー「監視」の中の「クラウドフロー活動」をクリックします。
Power automate コネクタの接続方法

▲「クラウドフロー活動」画面で実行履歴を確認してみると、赤いビックリマークアイコンがフローに表示されていて「フローが失敗しました」というログが連発していました。

STEP
失敗しているフローの詳細を確認します。

失敗しているフローのひとつをクリックしてエラーの詳細を確認してみましょう。

Power automate コネクタの接続方法

▲すると「エラー を使用してアカウントを確認することで、これを修正できるようにする必要がありあます。パスワードの再入力が必要になる場合があります。」というエラー内容が確認できました。

ぽこがみさま

認証関係のエラーによってフローが失敗しているようです。これは対処が必要ですね。次のステップで対処をしていきます。

エラーの原因は?

パスワードポリシーの変更が原因?

以下のフローの失敗を防ぐには接続の●●を再認証する必要があります。この原因は組織のパスワード変更やポリシー更新であることが最も一般的です。

Power Automate「操作が必要です」画面

上記のエラーメッセージの中の「パスワードポリシー変更が一般的な原因」というメッセージから心当たりがありました。数日前にパスワードポリシーを、通常の認証から2段階認証に変更したんです。おそらくそれが原因で、クラウドフローに利用している各コネクタの接続が一時的に解除されてしまったようです。

パスワード変更やパスワードポリシー変更が原因!

コネクタというのは、Power Automateとその他のクラウドフローをつなぐAPIです。フローの中でTeams通知を行っていればTeamsコネクタと、Excel出力を行っていればExcelコネクタと接続しているはずです。

対処方法は?

じょじお

コネクタの接続が解除されてしまったので、もう一度再接続を行います。

クラウドフローに使用しているコネクタを再接続しよう!

コネクタと再接続する対処手順

STEP
警告画面の中の「再認証」ボタンをクリックします。
Power automate コネクタの接続方法

▲この画面の「再認証」をクリックします。この画面を閉じてしまった方は次のステップ2に進んでください。「再認証」をクリックした方はステップ3に進んでください。

STEP
Power Automateポータル画面の「データ>接続」をクリックします。
Power automate コネクタの接続方法

▲Power Automateポータル画面の左側メニュー「データ>接続」をクリックします。

STEP
接続画面の各コネクタの「接続の修正」をクリックします。
Power automate コネクタの接続方法

▲コネクタ接続の一覧が表示されます。やはり「サインインできません。」という状態の不具合が確認できました。「接続の修正」をクリックします。

STEP
アカウントIDとパスワードを入力して認証を行います。
Power automate コネクタの接続方法

▲認証画面が表示されますので必要情報を入力します。

STEP
「接続済み」のステータスに更新されます。
Power automate コネクタの接続方法

▲認証を行うとステータスが「サインインできません」から「接続済み」に更新できました。

STEP
Step3から5を接続の数だけ行います。

この操作を接続の数だけ行いましょう。多くの接続を使っていると少々面倒です。

関連記事

まとめ

じょじお

以上、Power Automateのコネクタ接続のエラーとその対処方法についてご紹介しました。

ぽこがみさま

このブログではRPA・ノーコードツール・VBA/GAS/Pythonを使った業務効率化などについて発信しています。
参考になりましたらブックマーク登録お願いします!

Power Automate学習教材

Power AutomateをKindleで学びたい方はコチラ

▲Kindleと紙媒体両方提供されています。デスクトップフロー、クラウドフロー両方の解説がある書籍です。解説の割合としてはデスクトップフロー7割・クラウドフロー3割程度の比率となっています。両者の概要をざっくり理解するのにオススメです。

Power Automate for Desktopの基本をしっかり学習するのにオススメです。RPA界隈では有名なRPAエンジニア集団である『ロボ研』さんが監修されている解説書です。テスト用の業務Webシステム/デスクトップ業務アプリを使いながら実践形式で学習できる点が一番のメリットかなぁと思います。

Power Automate クラウドフローの入門書です。日本語の解説書は数少ないのでレアかと思います。変数の解説から代表的なアクションの解説がされているので初心者におすすめの本です。

Microsoft 365/ Power Automate / Power Platform / Google Apps Script…

Power Automateを動画で学びたい方はコチラ

▲Udemyで数少ないPower Automateクラウドフローを主題にした講座です。セール時は90%OFF(1200円~2000円弱)の価格になります頻繁にセールを実施しているので絶対にセール時に購入してくださいね。満足がいかなければ返金保証制度がありますので安心してご購入いただけます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてくれたらウレシイ(·:゚д゚:·)
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる