\ 楽天BLACK FRIDAYセール! /

Power Automate のフロー作成の基本

目次

Power A

Power Automateの用語

  • フロー
  • アクション
  • コネクタ
  • トリガー
  • 動的な値(動的コンテンツ)

コネクタとは?

コネクタとは、Power Automate とクラウド上のサービスと連携するための部品です。Power Automate は、コネクタに含まれる様々なアクションを組み合わせてフローを作成していきます。Excelと連携したい時はExcel(Business)コネクタを使い、Twitterと連携したい時はTwitterコネクタを使います。

コネクタ は、基盤になるサービスが Microsoft Power Automate、Microsoft Power Apps、Azure Logic Apps と通信できるようにする API のプロキシまたはラッパーです。 それにより、ユーザーがアカウントを接続し、事前に構築された アクション と トリガー のセットを活用して、アプリとワークフローを構築します。

コネクタの概要

利用できるコネクタ・アクション

https://docs.microsoft.com/ja-jp/connectors

代表的なコネクタ

Excel(Business)コネクタ

コネクタで利用できるアクションアクションの内容
スクリプトの実行Excel ブックに対して Office スクリプトを実行します。
テーブルにキー列を追加するExcel テーブルにキー列を追加します。 新しい列が右側に追加されます。
テーブルに行を追加するExcel テーブルに新しい行を追加します。
テーブルに行を追加する [非推奨]このアクションは非推奨になりました。 代わりにテーブルに行を追加する を使用します。Excel テーブルに新しい行を追加します。
テーブルの作成Excel ワークブックに新しいテーブルを作成します。
テーブルを取得するExcel ワークブックでテーブルの一覧を取得します。
テーブル内に存在する行を一覧表示するテーブル内に存在する行を一覧表示します。
ワークシートの作成Excel ワークブックに新しいワークシートを作成します。
ワークシートの取得Excel ワークブックでワークシートの一覧を取得します。
行を削除するキー列を使用して行を削除します。
行を取得するキー列を使用して行を取得します。
行を更新するキー列を使用して行を更新します。 入力値は指定されたセルを上書きし、空白のままにされた列は更新されません。 値を (上書きする代わりに) 追加するには、「行を取得」 アクションを使用して最初にコンテンツを取得します。
Excel(Business)コネクタ

Twitterコネクタ

ツイートの投稿この操作では、新しいツイートが投稿されます。
ツイートを検索するこの操作では、検索クエリに一致する関連するツイートの一覧を取得します。
フォロワーの取得この操作では、特定のユーザーをフォローしているユーザーの一覧を取得します。
フォローの取得この操作は、特定のユーザーがフォローしているユーザーの一覧を取得します。
ホーム タイムラインの取得この操作では、自分と自分のフォロワーによって投稿された最新のツイートとリツイートを取得します。
ユーザー タイムラインを取得するこの操作では、特定のユーザーによって投稿された最新のツイートの一覧を取得します。
ユーザーの取得この操作では、ユーザー名、説明、フォロワー数など、特定ユーザーのプロファイルの詳細を取得します。
リツイートこの操作では、新しいツイートがリツイートされます。
自分のフォロワーを取得するこの操作では、自分をフォローしているユーザーの一覧を取得します。
自分のフォローを取得するこの操作では、自分がフォローしているユーザーの一覧を取得します。
Twitterコネクタ

動的な値とは?(動的なコンテンツ)

動的な値はアクションが実行されることによって出力される値です。動的コンテンツと表記されることもあります。Power Automate のほとんどのアクションは、そのアクションが実行されるといくつかの動的な値を生成します。アクションによって出力する動的な値は異なります。

たとえば代表的なアクションを例に、動的な値を見てみましょう。

動的な値の例

「グループメンバーの一覧表示」アクション(Microsoft 365グループコネクタ)の動的な値

動的な値の名前内容
表示名ユーザーの表示名
ユーザーの名
メールユーザーのメールアドレス
ユーザーの姓
ユーザーidユーザーの識別子

「ユーザーの@mentionトークンを取得する」(Teamsコネクタ)の動的な値

動的な値の名前内容
@mentionユーザーの@mentionトークン。このプロパティはメッセージとアダプティブカードに挿入できます。

「タイムゾーンの変換」アクション(日時コネクタ)の動的な値

動的な値の名前内容
変換後の時間変換した後の時間

「手動でフローをトリガーします」トリガーの動的な値

動的な値の名前内容
ユーザ―名フローをトリガーしたユーザーの表示名
ユーザーの電子メールフローをトリガーしたユーザーのメールアドレス
日付フローをトリガーした日付
タイムスタンプフローをトリガーした時点の時間
完全なアドレスフローをトリガーした場所
国・地域フローをトリガーした場所の国・地域
市区町村フローをトリガーした場所の市区町村

動的な値の使い方は?(動的コンテンツの使い方)

STEP
動的な値を挿入したい箇所をクリックしてアクティブにします。

今回は「チャットまたはチャネルでメッセージを投稿する」アクションのメッセージの箇所に挿入する例で解説します。

STEP
青い「動的な値の挿入」ボタンをクリックします。

▲テキストボックスをアクティブにすると、テキストボックスの右上に青い2つのボタン表示されます。左側が動作な値の挿入ボタン、右側が関数の挿入ボタンです。左側の動的な値の挿入ボタンをクリックしましょう。

STEP
利用できる動的な値が一覧されますので選択しましょう。

▲動的な値がアクションごとに一覧されます。利用したいアクションをクリックすると動的な値を挿入することができます。

図では、Excelコネクタの「テーブルの取得」アクションと、Sharepointコネクタの「ファイルのプロパティの取得」アクションの動的な値を確認できます。これは今パラメータを入力しているTeamsアクションの前にその2つのアクションが挿入されているからですね。

STEP
動的な値が挿入されます。

▲動的な値が挿入できました。図をご覧いただくとわかるように挿入した動的な値は、アイコンで表現されます。図ではSharepointコネクタのアクションの動的な値を使用したのでSharepointの緑のアイコンになっていますね。これはコネクタによって変わりますのでExcelコネクタの動的な値でしたらExcelのアイコンになります。

そして図のようように動的な値と文字列を組み合わせることももちろん可能です。

関数の挿入の仕方

STEP
STEP

Power Automateで困ったら?

Power Automate で困ったときに情報を収集する場所・質問する場所を下記の記事にまとめています。学習のご参考になさってください。

  • 関数リファレンス
  • ドキュメント
  • 情報サイトなど
お役に立てたらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次