Power Automateを動画で学ぼう!Udemyキャンペーン中

Power Automateで取得した情報をExcelに書き出す方法

目次

この記事の内容

この記事は3記事による連載「Power AutomateでOutlookのイベント情報をExcelに書き出す方法」の最後の記事になります。前回の記事はコチラ↓

じょじお

この記事では、Power Automateで取得したデータをExcelに書き出すアクションについて解説します。

Power AutomateでExcelに書き出す方法(「表に行を追加」アクションを使う)

Excelに書き出すには、いくつか方法がありますが、この記事では、「表に行を追加」アクションを使う方法について解説します。アクションを使うためにExcelファイルを事前に用意します。

(事前準備)「テーブル」化したExcelを用意する

「表に行を追加」アクションを使うためのExcelファイルの条件

Excelファイルを用意する前に、「表に行を追加」アクションを使うためには下記の条件に注意してください。

  • ExcelはOneDrive か Sharepoint Onlineに保存されている。
  • Excel内にテーブル化された表がある。

Excelの完成図

▼見出しだけ作った空っぽのテーブル化した表を作ります。

用意するExcelファイル

Excelファイルを新規作成する

こちら(Office365)からExcelを新規作成します。

Excelの新規作成

 

あとで、Power Automateを作成するなかでExcelを保存した場所が必要になるので、保存した場所は覚えておいてくださいね。

ちなみに図の「新しい空白のブック」から作成し、特に保存場所を変更しなければ、OneDriveのトップフォルダの中に保存されます。

Excelの表をテーブル化する

▽1行目に見出しの名前を入力したら、テーブル化するセル範囲のどこかを選択した状態で、「挿入」→「テーブル」

テーブル化の方法1

▽「先頭行をテーブルの見出しとして使用する」にチェックを入れます。

テーブル化する方法

セル色が変化し、オートフィルタが適用されたらテーブル化の成功です。一番上の図のように見出し行と空っぽのデータ列の2行だけのテーブルが出来ました。

Power Automateのフローを作成する

Power Automate「表に行を追加」アクションを追加する

前回の記事で作成したフローにアクションを追加します。

新しいアクションを追加

▼Excel Onlineコネクタを選択します。

Excelの表に行を追加アクション

▼「表に行を追加」アクションをクリックします。

表に行を追加アクション

▼必要なパラメータを入力します。

Excel表に行を追加アクション
  • 場所
    • Excelを保存したOneDriveかSharepointサイト
  • ドキュメントライブラリ
    • Excelを保存したOneDriveかSharepointサイトのドキュメントライブラリ名
  • ファイル
    • Excelファイル名
  • テーブル
    • テーブル名(名前を変更していなければデフォルトテーブル名は「テーブル1」です。)

▼テーブル名まで入力すると、テーブルに設定された列名を図のように読み込んでくれます。

テーブルの列の設定

今回はこんな感じで設定しました。

  • name列
    • (動的なコンテンツ)「イベントの取得v4」の中の「件名」
  • start/dateTime列
    • formatDateTime(body(‘タイム_ゾーンの変換(イベント開始時間の変換)’),’g’)
  • end/dateTime列
    • formatDateTime(body(‘タイム_ゾーンの変換(イベント終了時間の変換)’),’g’)
  • かかった時間
    • (空白)

start/dateTime列、end/dateTime列には、「タイムゾーンの変換」で変換した値をformatDateTime関数で書式を変更してからExcelに渡しています。そのままExcelに書き出してもExcelで日付として認識されず、Excel内で計算できなかったためです。

formatDateTime関数の構文

<基本構文>
formatDateTime(変換する時間 , 書式指定子)

<例>
formatDateTime(body(‘タイム_ゾーンの変換’),’g’)

formatDateTime関数の使い方はこちらの公式ドキュメントを確認してください。書式指定子についてはこちらの公式ドキュメントを確認してください。

formatDateTime関数の使い方

▼「動的なコンテンツ」をクリック→「式」タブをクリック→「もっと見る」をクリック

formatdate関数の使い方

▼formatDateTime関数をクリック

formatDateTime関数をクリックします。

▼formatDateTime関数が自動入力されます。

formatDateTime関数が自動入力される

▼カッコの中に動的なコンテンツの値を入れます。

formatDateTime関数の使い方2

▼「動的なコンテンツ」の値が関数の中に自動入力されました。

formatDateTime関数の使い方3

▼関数に必要な残りの情報を手入力で追記してOKボタンを押します。

formatDateTime関数の使い方4

▼関数として認識されるとピンクのカード表示になります。

formatDateTime関数の使い方5

ピンクのカード表示にならない場合は、関数の文法が間違っている可能性があります上述の基本構文を確認し誤りが無いか確認してください。

▼あとはイベントの終了時間の方も同じ要領で入力してフローがすべて完成です。

Excel表に行を挿入完成図

フローの完成

▼フローが完成しました。

フロー全体図

フローの実行

フローが完成したので実行してExcelを確認してみましょう。下図のようにExcelに出力できたのではないでしょうか。

フロー実行結果のExcel

あ。説明忘れましたが、フロー実行前にD列に「=C2-B2」という式を入れておくと、図のようにD列全部で時間の計算してくれます。

まとめ

以上で、Power AutomateでExcelに書き出す方法についてご紹介しました。実務では、Excelのテーブルの機能である集計行を追加して、全てのイベントの時間の合算をしたりすると良さそうですね。

ノンプログラマーでも自動化スキルを身につける。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる